心を打った この本の この一行

選りすぐりの書籍から、心に響いた一文を紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
その他読んだ本-5月
できる人になるには勉強してはいけない!―“職人ビジネスマン”のすすめ
久恒 啓一
青春出版社
定価 : ¥ 1,470
2003-10
amazonで詳しく見る

もう一度「学ぶ力」をつける本―定年後からの新発想
轡田 隆史
青春出版社
定価 : ¥ 1,470
2003-01
amazonで詳しく見る

あしたの経済学―改革は必ず日本を再生させる
竹中 平蔵
幻冬舎
定価 : ¥ 1,365
2003-01
amazonで詳しく見る

社長失格の幸福論
板倉 雄一郎
英治出版
定価 : ¥ 1,575
2003-04-26
amazonで詳しく見る

こんな人いませんか
邱 永漢
PHP研究所
定価 : ¥ 1,050
2001-12
amazonで詳しく見る

お金だけが知っている
邱永漢
PHP研究所
定価 : ¥ 1,365
2003-11-22
amazonで詳しく見る

東大講義録 ―文明を解く―
堺屋 太一
講談社
定価 : ¥ 1,680
2003-04-11
amazonで詳しく見る

日本システムの神話
猪瀬 直樹
角川書店
定価 : ¥ 700
2002-10
amazonで詳しく見る

天才はなぜ生まれるのか
正高 信男
筑摩書房
定価 : ¥ 714
2004-04-08
amazonで詳しく見る
スポンサーサイト
「"実権は下にある"伝統のはじまり-源頼朝」
日本を創った12人、三人目は「いい国作ろう鎌倉幕府」の源頼朝です。

彼は今日の日本に「実権は下にある」という歪なシステムの原型を残しました。

「源頼朝の最大の業績は、はじめて幕府を開いて武家政権の基礎を確立したことだが、それに当たって、実に巧妙な方策を発明した。つまり古く奈良時代から存続していた律令制を温存しつつ武家政治を全国に展開するという"権力構造の二重構造"をあえて作り出したのである。-臨時東部総司令官である征夷大将軍は、律令制では、臨時の職名でさして高い地位でもない。ところが頼朝は、先に後白河法皇の私文書で得た諸守護地頭任命権を利用して、自らが司令官となった臨時東部軍に全国の武士を編入した。したがって、全国の武士は、東部軍所属だから、その総司令官たる征夷大将軍・源頼朝の命令に服さねばならない。源頼朝が全国を治めた法的根拠とは、まことに奇妙なものだったわけである。」

頼朝は、伝統的な保守旧勢力との決定的な対決を避けて、実質だけ権力構造を別に創ります。この「実権は下にある」システムは、今日の日本社会においても、上の人はなるべくあまり細かいことは知らないほうがいい、再考首脳はシンボルであるべきで、実権はそれぞれの実施機関に任せるのが正しいとする発想に結びつきます。企業でも、社長にいったって話が通じない、本当は専務だよ、いや、専務よりもその横にいる社長室長のだれそれだ、といった歪なシステムが当然のように発生します。

⇒Blog Ranking

日本を創った12人
堺屋 太一
PHP研究所
定価 : ¥ 760
2006-02
amazonで詳しく見る
「言葉は七%しか伝えない」
子どもの頃は「人を外見で判断してはいけません」と学びました。
それは「人は外見から多くの情報を得ている」という事実の裏返しかも知れません。

「アメリカの心理学者アルバート・マレービアン博士は人が他人から受け取る情報の割合について次のような研究成果を発表している。

 ○見た目・身だしなみ、仕草・表情 五五%
 ○声の質(高低)、大きさ、テンポ 三八%
 ○話す言葉の内容 七%

話す言葉の内容は七%に過ぎない。殆どは、見た目・身だしなみ、仕草・表情、声の質、大きさ、テンポで決まっているのである。ついついコミュニケーションの主役は言葉だと思われがちだが、それは大間違いである。実に九割以上が、見た目その他だということが分かっている。多くの人が"人を見かけで判断"しているのだ。」


結論にはちょっと強引な感がありますが、確かに表情などは言葉を補う力を持つでしょう。「怒ってないよ」って言いながら明らかに怒った眼をしてる人もいますしね。(^-^)見た目をうまくコントロールできれば、より効率的に自分の意思を相手に伝えることができるでしょう。⇒Blog Ranking

※この本、今売れに売れてますが、話に一貫性がなく全然面白くないです・・・。

人は見た目が9割
竹内 一郎
新潮社
定価 : ¥ 714
2005-10
amazonで詳しく見る
「ペンギンの命はたまたまペンギンの入れ物に入っているだけ」
私は動物園が人一倍大好きです。この歳になっても大阪市立天王寺動物園にはよく遊びに行きます。天王寺動物園もこの「旭山動物園」の影響を受けてか、ゾウ舎が改良され、手の届きそうなくらいの距離まで近づくことができるようになり、嬉しい限りです。

本書では「旭山動物園」園長 小菅正夫氏がその復活までの道のりを語ります。

当園では、動物が死んだことを手書きのポップで知らせたり、老いぼれた動物や交通事故でケガを負った動物を他の動物と同じように展示するという方針がありますが、これに対してマスコミなどから「残酷だ」と非難を受けます。しかし氏には譲れないポリシーがあります。

「最近、聞いた話で驚いたのは、生物は一度死んでも生き返ると思っている子どもが少なくないということだ。病院で死ぬことが多くなり、死が実生活から遠ざかっているからかもしれない。命の大切さを心に刻むには、身近な生き物の"死"を体験することが必要だ。愛していたものが死んだとき、たとえそれが動物園の動物であれ、すばらしいと感動した動物が死んだときには、死を実感する。そうした体験があって初めて、かけがえのない命であることや、命は大切にしなければならないということを認識できるのだ。-私がつねづね言っているのは、"地球上に生きる生き物の命はみな平等だ"ということだ。サルの命はたまたまサルという入れ物に入っているだけだし、ホッキョクグマの命もまたホッキョクグマという入れ物に入っているだけ。ペンギンの命もたまたまペンギンの入れ物に入っているだけだし、私たち人間の命も、人間という入れ物の中にたまたま入っているだけ。だから、命に優劣はない。命は、等しくかけがえのないものである。」

本書を読んでいると、本当に心の底から動物や人間を愛し敬う園長の優しさがヒシヒシと伝わってきます。当園を紹介する映像で、ペンギンがお客さんの前をペタペタと列を作って歩くシーンがありますが、これはペンギンに無理やりそこを歩かせているわけではなくて、ペンギンが本当に歩きたい方向に道を作り、それにあわせて見学用エリアを設けているそうです。あくまでも動物の気持ちが最優先であり、動物にストレスとなるようなアイデアは採用しません。

そんな当園のテーマのひとつが「死の意味を伝える」ことです。確かに最近の子どもたちは死を目の当たりにしません。住宅事情からペットを飼う家も減り、都会では飼うための昆虫ですら見つかりません。唯一彼らが出会うのはテレビゲームの中の無機質な「死」です。

当園が行う「動物の死を子どもたちに直面させる」という方針に私は賛成します。数ヶ月前まで元気に動いていた大好きな動物も、死ぬとそれで終わり、どれだけ泣いても二度と出会うことができないことを実感してもらう必要があります。そして私たち人間も同じ重さの命を持ち、動物と同様いずれ死にます。将来私に子どもができて物心がつけば、真っ先に動物園に向かうことにします。⇒Blog Ranking

「旭山動物園」革命―夢を実現した復活プロジェクト
小菅 正夫
角川書店角川書店角川書店
定価 : ¥ 760
2006-02
amazonで詳しく見る


「上品という概念の原点-光源氏」
日本を創った12人、二人目は「光源氏」です。

光源氏は日本人の誰もが知る「源氏物語」に登場する架空の人物です。しかし光源氏ほど平安貴族や貴族政治家をリアルに描かれている人物はありません。そして光源氏は現代の日本人にも大きな影響を与えています。それは「上品」という概念です。

「太政大臣であった光源氏はただただ美意識の世界に耽溺していた。和歌や服装、儀式における振舞いや席次などの議論が多い。そして女性関係をめぐる恋と争い。-不思議なことに、この光源氏に関しては、政を治めない太政大臣でありながら、いやらしいところがないし、無能感も感じない。-そしてそれが日本の貴族像、さらには"上品"の概念の原点になった。-日本でいう"上品な人"とはまさに光源氏。あまり指導力は出さない、喧嘩や体力は弱い、荒野で生きる耐久力やサバイバル能力は低い。もっぱら美意識と詩歌の世界に埋没し、他人を不快にしない社交術を心得ている、塩っ気も油っ気も足りない人のことだ。」

ヨーロッパの貴族社会では、「上品」つまり「ノーブル」の前提となる条件は「克己心と用心深さ」だそうです。ヨーロッパの貴族とは戦争を勝ち抜いてきた戦士の子孫であるため、喧嘩は強いし体格もよい、自ら意思決定もするし、環境にも適用できる、そういったイメージがあるのです。中国などでは「上品」の絶対条件は「知恵」と「知識」である主知主義です。これは高級官僚登用試験「科挙」が影響しているといわれます。
一方日本の政治や企業においては今もなお光源氏型の「人柄満点、能力零点」の「上品」な人々がトップになることが多く、強力なリーダーシップを発揮する「出る杭」的な人物は世間から引き摺り下ろされる傾向があります。⇒Blog Ranking

日本を創った12人
堺屋 太一
PHP研究所
定価 : ¥ 760
2006-02
amazonで詳しく見る
「聖徳太子が発案した神・仏・儒習合思想」
私が最も感銘を受けた本書を本日より連載で紹介します。

本書では、今日の日本にまで深く影響を残している象徴的な十二人の人物を取り上げ論じます。

まず一人目は「聖徳太子」です。
天皇家屈指の天才と称された聖徳太子は、推古天皇の摂政として「十七条憲法」や「冠位十二階」を制定したことで有名ですが、それ以上に現代にまで大きな影響を残す功績があります。それは「神・仏・儒習合思想」です。

「これは日本土着の宗教である神道と、インドから中国を伝い朝鮮半島を経て日本へ流入した最も先進的な宗教である仏教と、中国で生まれた生活規範的道徳律である儒教、この三つを習い合わせていく発想である。-以来、その発想亜h日本人の宗教観や文化観を決定し、様々な外国の文化や技術を日本が取り入れる時の対応の仕方にも、大きな影響を残した。同時にまた、習合思想が根付いたため、それ以降の日本では、宗教は重要な対立軸ではなくなってしまった。新たな宗教(例えばキリスト教)が流入しても、習合すべき対象が一つ増えるに過ぎず、新興の違いはせいぜい重点の置き方の差に留まってしまうからである。」

当時、圧倒的な勢力を持つ蘇我氏は「仏教」を支持します。太子も個人としては仏教徒でしたが、政治家としては天皇家の一員であり、神道神話を保護しなければなりませんでした。さらに、中国から入った儒教が国民の間で広まります。この矛盾を論理的倫理的に解決したのが「神・仏・儒習合思想」なのです。多数の宗教を同時に同一人が信じてもよいといった宗教者は世界を見渡しても聖徳太子ただ一人でしょう。

こういった「ええとこどり」の発想はその後も日本人の心の中に生き続け、明治時代になっても西洋の軍事技術や工業技術をすんなりと受け入れ、日本社会の発展に大きく貢献しています。もちろん現代を見てみても、クリスマスを祝った数日後に神社に参拝に行くといった歪な宗教観が脈々と受け継がれています。⇒Blog Ranking

日本を創った12人
堺屋 太一
PHP研究所
定価 : ¥ 760
2006-02
amazonで詳しく見る
「真実を知りたければ統計数字を見る」
パイプ姿でおなじみの竹村健一氏です。

私は数字が嫌いです。新聞などで細かい統計が出てくると読み飛ばしてしまうことが多いです。眠たくなってくるし。。。しかし氏は統計数字こそ真実を語っているといいます。

「統計数字というものを、どれくらいの人が見ているだろうか。おそらく、ほとんどの人は見ていないだろう。-たしかに、数字を見るのは面白いことではないかもしれない。しかし、統計数字を読めるようになれば、有益な情報を得られるようになり、世の中で起こっていることを広い視点から見ることができるようになるのだ。-テレビなどのマスコミ報道を見て受ける印象と、統計数字をきちんと見ることによって得る情報は、まったく違うことがある。マスコミの影響力が非常に強くなり、テレビや新聞の報道で人々は現在の状況を認識するが、基本的にはマスコミはエキセントリックな事件ばかりを扱う傾向にあり、真実の姿を映し出しているとはいえない。そういうときに、統計数字を確認することは非常に重要なのである。」

例えば、バブル崩壊についてみてみましょう。土地や株価が一瞬にして急落したというのは周知の事実ですが、いったい私たちはどれだけ損をしたのでしょうか。統計によると、土地の価格は1200兆円値下がりしたそうです。国民の資産がこれだけ目減りしたのです。日本の人口を1億人とするとバブル崩壊の地価暴落により、国民一人あたり1200万円の損失をこうむったことになります。赤ちゃんからお年寄りまで合わせて一人1200万円です!
このように統計数字で表すとリアリティが沸いてきて、物事の真実を把握する手助けとなるのではないでしょうか。⇒Blog Ranking

これ1冊で「日本の大変化」がわかる本
竹村 健一
青春出版社
定価 : ¥ 1,575
2005-11-01
amazonで詳しく見る
「一人ひとりの個性を見つめるのがジェンダーフリー」
最近「ジェンダーフリー」という言葉をよく聞きます。「ジェンダー」とは「社会的な意味における性別」ということです。

「本来、人間には生物学的な性別(セックス)がある。これは言うまでもなく、男女の肉体的、機能面での相違のことだ。しかし、それだけではなく、社会的、歴史的、あるいは文化的な意味での性別も実際には存在している。"男性は外で働き、女性は家を守るもの」どか、"女性はでしゃばらずに、男性を立てなければいけない"といわれるのは、社会的な意味での性差が生み出した考えといえよう。-要するにジェンダーフリーとは、性別による社会差別をなくそうということ、煎じつめれば男女共同参画社会を実現しようということだ。」

女性の就業率があがっても、管理職を占める割合は少なく、欧米と比べてもまだ差別が残るようです。家庭内でもしかりです。

悪い例として、某課長と部下との会話を紹介します。

課長「女性の扱いを知っておかないと、差別ということになるんだよ。女性の機嫌をとるには容姿を褒めることだ。それから。-適材適所を心がけることだ。女性には女性に適した仕事がある。女性は感情的なので、客観的に考えなければいけない仕事は向かない。」
部下「さすが、課長ですね。よくわかってらっしゃる。」
課長「女性は男性と違って細やかな神経が行き届いているので、そんな仕事をやってもらうことだ。そうすれば、丸く収まる。」


女性差別の最たるものが女性はこんなものと決め付けるものです。もちろん、「外で働かない男は甲斐性なし」という考えも男性差別です。男性も女性も一人ひとり違います。男性はこうだ、女性はこうだ、こうあるべきだという考えをやめ、一人ひとりの個性をしっかり見つめようというのが、ジェンダーフリーの考え方の基本であると著者は言います。⇒Blog Ranking

頭がいい人の早わかり現代の論点
樋口 裕一
草思社
定価 : ¥ 1,365
2005-10-29
amazonで詳しく見る


「語学力、財務力、問題解決力がビジネス三種の神器」
大前研一氏です。

氏のお話は慨して胸を突き刺すのですが、この言葉も厳しいながらも熱く心に残りました。

「-これまでがボーッとエスカレーターに乗って、どこか目的地まで無事に連れていってくれとただひたすら願っていただけだから、(人生)地図の見方一つわからない。そんな自分が思い切ってそこから飛び降りてしまったら、道に迷ってしまうのではないかと、恐怖で足がすくんで動けない人が、まだ圧倒的に多数はを占める。あなたもそうではないだろうか。 
 そんな人たちに、いまさらどっちに行ったらいいか教えてくれといわれても、私にはわからないと答えるしかない。そもそも荒野に道などないのだから教えようがないのだ。
 私にいえるのは、いまあなたが乗っているエスカレーターの先に未来がないのはたしかだが、かといって飛び降りても、そこでじっとするだけなら、野垂れ死にするしかないという厳しい現実を認め、受け入れろということだけ。
 そうすると、正解は、自分の進むべき方向を自分で判断し、道なき道を切り拓くパス・ファインダーとおしての能力を身につけるしかないことになりはしないか。その能力は、語学力、財務力、問題解決力という三種の神器にほかならない。-だから、四十代だろうが五十代だろうが、座して死を待つのが嫌だというなら、いますぐ勉強を始めるしかない。ほかに助かる方法はないのだ。」


むむむ。これは厳しい意見ですね。しかしそのエスカレーターから飛び降り、強靭な意志で勉強すれば、「新大陸」にはチャンスが五万とあると氏は言います。地位や経歴に関係なく誰もが巨万の富を得るチャンスを得ました。それが可能な時代に生を受けたことを、幸福と考えるか、不幸と見なすか、それは自分次第です。⇒Blog Ranking


即戦力の磨き方
大前 研一
PHP研究所
定価 : ¥ 840
2006-04
amazonで詳しく見る
「効率的な勉強はアウトプットを前提とする」
週に30冊の本を読み、40時間テレビを見るという日垣隆氏が、Q&A形式で情報通になる技法を紹介します。

その中から「仕事に就きつつ大学受験を志しているが、効率的な勉強方は?」という問いに対する返答です。

「働きながら、つまり非常に限られた時間のなかので試験勉強については、以下のことを念頭に置いてみて下さい。脳は出力依存型なので、教科書や参考書を中心に勉強するより、ある程度の知識を入れたあとは、問題集を参考書代わりに使ったほうがよいでしょう。問題集や試験を前提にしない教科書読みや暗記は、試合を想定しないでサッカーボールを蹴ってだけいるようなものです。大脳神経のメカニズムからも、それは実証されています。」

もちろんこれは試験に合格することを目標とした最短コースの紹介であり、目的が違えばまた勉強方も違ってくるでしょう。アウトプットを前提としたインプットが最も効率がよく頭に残るといいますが、アウトプットとして最適なのは問題集のほかに「人に教えること」だそうです。人に教えることでおのずと頭の中が整理され、曖昧だった事項がクリアになっていくのを実感できます。⇒Blog Ranking

情報の「目利き」になる!―メディア・リテラシーを高めるQ&A
日垣 隆
筑摩書房
定価 : ¥ 735
2002-09
amazonで詳しく見る
「何を学ぶべきからの"気づき"がスタート地点」
ボストンコンサルティンググループ日本代表 御立尚資氏です。

「結果」とは「知識」×「使う力」で計算されるもので、知識が0でも使う力が0でも結果は0になる、というのが本書の趣旨です。

その中で、勉強に対する有効なアプローチを紹介します。

「そもそも、物事を勉強するということには、三つの段階がある。

  気づき→知識→経験

という三段階である。まず、"気づく"ということだが、そもそも自分はどの能力を高める必要があるのかを"気づく"ということである。目指す到達点を明確にしないと力は伸びない、という本書の一貫したテーマは、ここでももちろん有効である。先ほどお話したスパイダーチャートなどを用いて、自分に何が欠けているかを検証してみるといい。それぞれについて、まずは点数をつけてみる。つけ方は勝手でいい。-自分はどこにギャップが大きいかということを、まず気づいてみることからはじめる。」


自分に足りないものは何なのかに気づく、自分の好きなものは何なのかに気づく、自分の才能に気づく。気づいたことをもっと勉強する。そして学んだことを使って結果を残す。まずは気づかなければ始まりません。⇒Blog Ranking

使う力
御立 尚資
PHP研究所
定価 : ¥ 840
2006-04
amazonで詳しく見る
「日経平均株価とTOPIXの違い」
細野真宏氏の経済入門シリーズはほとんど読みましたが、非常に分かりやすく経済を説明されており、染み込むように頭に入ってきます。

本書は投資の基本と実践を、まったくの初心者の人にも無理なく読めるペースで書かれています。その中から、意外と知らない人が多い「日経平均株価とTOPIXの違い」をご紹介。

「まず、日経平均株価というのは日本経済新聞社が発表する255銘柄に関する株価(の平均)のことなのです。いわゆるニュースで出てくる"株価"について、"日本のすべての会社の株価"を表している、と勘違いしている人も多いみたいですが、この日経平均株価については、あくまで255社の株価しか反映していないのです。ちなみにその255銘柄については、すべて東証一部に上場されている会社の中から選ばれます。」

「次にTOPIX(東京株価指数)というのは東証一部に上場しているすべての銘柄に関する株価(を指数化したもの)のことで、日経平均株価よりもTOPIXのほうがより広く日本経済の動きを表しているのです。普段ニュースなどに出てくる"株価"というのは、日経平均株価やTOPIXのことを表していますが、たいていは馴染みやすさから"株価=日経平均株価"として伝えることが多いのです。」

日経平均は○○円でTOPIXは○○ポイントで表されるのですね。なので、ニュースなどで「株価が1万7千円を割った」というと日経平均株価のことを指します。

また基本的に株価と景気は連動して動くものですが、必ずしも正確ではありません。株価はあくまで市場(≒投資家)の予想にすぎなくて、景気の実態を表さないことも多いのです。人の心理が株価に反映されるため、株価を予想するのは難しいものとなるのです。⇒Blog Ranking

細野真宏の世界一わかりやすい株の本 実践編
細野 真宏
文藝春秋
定価 : ¥ 1,000
2005-12-14
amazonで詳しく見る
「興味のなかったことにこそ発見がある」
どんな人にも長所と短所を兼ね備えています。自分の長所を知る人は強いといいます。しかし、長所に拘るあまり、長所の落とし穴にはまる人もいます。

銀座クラブ「ふたご屋」のママ ますい志保さんがある大企業の社長のエピソードを紹介しています。

その常連の社長は店でカラオケなどしたことがなかったのですが、ある日突然「今日はちょっと歌ってみようかな」とマイクを取ります。その実力にますいさんは驚き、なぜ今まで歌わなかったのか尋ねます。それに社長はこう答えます。

「いや、カラオケなんてほとんど歌ったこともなかったし、興味もなかったんでね。でも、興味ないこともやってみないとね。好きなこととか興味のあることばかりやっいたら、視野が狭くなっちゃうじゃないか。僕はいつも、それまで興味のなかったことを日ごろからどんどんやるようにしているよ。そうすると、いろんな自分が見えたりもして、結構おもしろいんだよ。」

長所を知る人は、その分野から外れることを嫌います。自分の得意なことばかりにエネルギーを注ぎ、結果視野の狭い人間になりかねません。普段からいろんな角度で自分を見つめるために、苦手だと思っていたことや興味のなかったことにも手を出し、新しい世界や自分を発見するのもいいのではないでしょうか。⇒Blog Ranking

銀座ママが明かすお金に好かれる人、嫌われる人のちょっとした違い
ますい 志保
アスキー・コミュニケーションズ
定価 : ¥ 1,470
2002-12
amazonで詳しく見る
「"頭がいい"とは文脈力である」
「頭悪いね」と言われると誰だってムッとしたり、ショックを受けたりします。しかし「頭がいい、悪い」とはいったいどういうことなのでしょうか。
氏はこう定義します。

「ずばり、"頭がいい"とは文脈力がある、ということだ。もうそれ以外にはない。文脈力さえあれば、それは頭がいいことになる。文脈力がない人は、その人がある種専門的な能力が高いとしても、結局"頭悪いな"と感じてしまう。特殊能力を持っている人に対して頭がいいとは、以外に思わないものだ。その人はそれがうまいだけとか、それを知っているだけとか、で終わってしまうことが多いように思う。」

文脈力というのは、ほかのものと今あることをつなげていく力のことです。断片的な情報を組み合わせ本質を見極める力といえるかも知れません。この文脈力は練習次第で鍛えることができると氏は言います。

「どうするかというと、いたって簡単!メモを取りながら、人の話を聞くだけ。これだけで極端に向上するものである。」

人の話す内容の文脈を読み取らなければメモを取ることはできません。何が重要で何が不要なのか区別できないからです。すなわち文脈力をつけるには、常に今どこから来て、どこへ行こうとしているのかという意識をもつことなのです。⇒Blog Ranking

嫌われる言葉 ―― 部下と上司の常套句
齋藤 孝
講談社
定価 : ¥ 1,365
2004-09-22
amazonで詳しく見る
「英語力は単語力」
英語を勉強する際最も重要なのは何でしょうか。

リスニング、発音、文法、いろいろあります。
巷では「聴くだけで英語が喋れるようになるCD」「英語をシャワーのように浴びて英語をマスター」とリスニングを売りにする教材がほとんどです。

しかし私は、「英語力は単語が全て」だと思います。
今まで誰も賛同してくれませんでしたが、齋藤孝氏が同じことを言っており、嬉しくなったので紹介します。

「英語において単語の占める比重は非常に高く、英語でものを考えるときの土台になるはずです。単語が全部わかるのに文章の内容が理解できないのであれば、相当に基礎的な文法から学ぶ必要がありますが、文章の意味の手がかりになるのはまず単語でしょう。-単語を大量に覚えることに恐れを抱く人もいるようですが、私の感覚では、大量であるほうがコツをつかんで一気に覚えやすい。英単語を見て日本語の意味を言える程度なら小学生でも軽く覚えてしまいます。」

英単語を千個も二千個も丸暗記するのは確かに億劫ですよね。「聴くだけでマスター」なんて言われると思わず飛びついてしまいます。しかし、語彙力のない状態でCDを聴いても、英会話教室に通っても、喋れるようになるはずがありません。業者が英単語を丸暗記しろ、と絶対に言わないのは教材が売れなくなるからです。

私はこの歳になっても大学受験用の英単語帳(ターゲット1900)を見返しています。日常会話くらいでは中学校レベルで十分です。あとは言語を問わず「コミュニケーション力」があれば誰だって英語で自分の意思を伝えることができるようになるはずです。⇒Blog Ranking

日本語力と英語力
齋藤 孝
中央公論新社
定価 : ¥ 756
2004-04-10
amazonで詳しく見る


英単語ターゲット1900―大学入試出る順
宮川 幸久
旺文社
定価 : ¥ 998
2001-09
amazonで詳しく見る
「失敗は成功の元」
「失敗は成功の元」です。

ありきたりな言葉ですが、本当に意味が深く私はこの言葉が大好きです。

「失敗した経験は消せない。だが、"失敗"という言葉そのものの定義を変え、その意味をとらえなおすことはできる。失敗すると人は弱くなるのではなく、強くなる。失敗にどう対処するかによって、精神的な打撃を受けて安物の陶器のように粉々に砕け散るか、焼き入れられた鉄のように強度が増すか、そのどちらにでもなる。敗北が成功の前提条件になる場合だってある。それを"失敗"とほうむりさるのではなく、そこから学び、成長するためのひとつの実例に変えればいい。」

シリコンバレーのベンチャー投資家は、大きな賭けに負けた企業家を敬遠するどころか、"一度火傷をしたら、二度目は思慮深くなる"といって歓迎するそうですね。特に若いうちにはたくさん失敗を経験して深みのある人間になりたいものです。⇒Blog Ranking

たくさん失敗した人ほどうまくいく
リチャード・ファーソン 遠藤 真美
角川書店
定価 : ¥ 1,470
2003-07-31
amazonで詳しく見る
「素直な心になれ」
素直な人ほど眼力があると氏は言います。

本書では松下電器創業者 松下幸之助氏を引き合いに出します。

「事業を成功させた大きな要因は、松下氏の素直にものを見る目にあったのではないでしょか。松下氏の口癖は"あんた、どない思う?"で、非常に聞き上手だったそうです。素直に謙虚に人の意見を聞くことによって、物事の状況と本質を正しく知ることができたのです。-松下氏は"素直な心になれ"とよく言ったそうです。けれども、"素直な心を人に見せるのは人に従うことになるから、遅れを取ってしまう"と思っている人もいるようです。素直な心の意味するところを勘違いしているのではないかと思われます。素直な心とは、正しいことを知り、相手から学び自分を賢くする心です。それは相手を尊重する思いやりの心でもあります。」

「素直」ってよく聞きますがつかみどころがない言葉ですよね。辞書をひくと「ありのままで、飾り気のないさま」とあります。なんだ、「カッコつけるな」ってことですね。(^-^)

⇒Blog Ranking

創造力を高める7つの眼―今日からできるユニーク発想術
飯田 清人
ダイヤモンド社
定価 : ¥ 1,470
1998-06
amazonで詳しく見る
「借り物の夢はシャボン玉のようにはじけてしまう」
若年層の人材育成で定評のある山本直人氏の言葉です。

最近の新入社員は地に足がつかないままに、夢を追った勢いで簡単に仕事を辞める傾向があるといいます。「夢」を口実に現実から逃げるように。

「話をよくよく聞くと共通点がある。やはりあまりに多い"未来情報"に振り回されているのである。大企業でがんばるにせよ、起業して何かに挑戦するせよ、そうした若い世代の姿がメディアに溢れるようになった。そういうところで見聞きした"借り物の夢"に何となく自分を重ねているのだ。だが自分のやりたいことは自分自身で見つめることからしかわからない。いろいろな情報を見聞しても、やはり借り物の夢はシャボン玉のようにはじけてしまう。そこからいろいろな迷いが生まれてくるのだ。」

夢を持つのって本当に難しいですよね。私個人的には、人の夢に便乗して自分もそこを目指す、というのはOKだと思います。しかし、それが現実逃避のための口実なら考え物です。氏の言うとおり、情報過多の時代では本当の自分を見失いがちです。時折自分の夢を冷静に分析する時間を持ちたいものですね。⇒Blog Ranking

話せぬ若手と聞けない上司
山本 直人
新潮社
定価 : ¥ 714
2005-09
amazonで詳しく見る
「売れる商品を選ぶと失敗する」
本ブログではおなじみ、元経済企画庁長官 堺屋太一氏です。

氏が勝ち組コンビニ経営者から学んだ理論です。

「成功したコンビニエンスストアチェーンの経営者に、"売れる商品を選ぶコツは"と尋ねたら、"売れる商品を選ぶと失敗する。売れない商品を除くのが大事だ。そうすると空いた棚に新商品が入って売れるものだけが残る"という答えが返ってきて、"なるほど"と感心した。売れる商品を探そうとすると、いま店に並んでいるものの中でよく売れている商品が選ばれ、最良の場所を占める。だが次には、これが最良の場所に置かれているから売れている、という現実が無視され、古い売れ筋がいつまでも残る。この結果、店全体が時代遅れになって客足は遠のく。」

この理論は他の事業にも当てはまります。「成功するコツを探すよりも、失敗する原因を取り除け」ということです。

「"幸せな家庭はみな似ているが、不幸な家庭はそれぞれに不幸だ"と書いたのはトルストイだが、私の見るところ事業は逆、"成功した事業はそれぞれに成功していたが、失敗した事業はみな似ている"のである。」⇒Blog Ranking

「平成三十年」への警告―日本の危機と希望を語る
堺屋 太一
朝日新聞社
定価 : ¥ 1,470
2002-11
amazonで詳しく見る
「携帯電話の電源を切る勇気を持とう」
誰だって孤独は嫌ですよね。だけど必要以上に孤独を恐れて、無理して人とつながることばかりに拘っていると、肝心の自分の声が聞こえなくなります。

「ひとりになれる空間を見つけ、ひとりの時間をつくって、そこに身をおく。するといずれ、心の深いところから自分の声が聞こえてきます。そして、やがては自分がどう生きて生きたいかも見えてくるはずです。-どうして人は、自分と対話することを避けようとするのでしょうか。それは誰でも自分の真実の声を聞くことが怖いからです。ひとりになって、自分の心の声を聴くと、今まであえて気づかないようにしてきた事柄にも気づかざるをえなくなってきます。-自分と深く対話するならば、これまでの生き方を否定しなければならなくなる可能性も出てきます。-自分の生き方を変えるなんて、そんな大変なことをするより、適当にごまかしているほうが楽に決まってる。だから多くの人が、自分との対話から逃げて、刺激反応の世界に浸ることを選ぶのでしょう。」

自分の本当の声は、完全に外界のつながりを切り離さないと聞こえてきません。外界とのつながりを強固にしてくれるツールは携帯電話です。携帯電話は、たとえプルプル鳴ってなくても外界とつながっています。時には携帯電話の電源を切る勇気を持ちたいものです。⇒Blog Ranking


「孤独」のちから
諸富 祥彦
海竜社
定価 : ¥ 1,470
2006-01
amazonで詳しく見る
「五分後の雲の形を想像してみよう」
コンサルティング界の重鎮 大前研一氏の言葉です。

本ブログでも何度も「重要なのは未来を予測する力だ」と書いてきましたが、そのトレーニング方法として氏が面白いことを言っているので紹介します。

「論理的思考の中でも、とくに発送の思考回路を鍛えるうえで有用なのは、ふだん使っていないセンス(感覚、触覚)を使うことだ。これはべつに難しいことでもなんでもない。たとえば雲を見て、その五分後の姿を想像してみるのもトレーニング方法の一つだ。-このトレーニングにはもちろん正解などないし、正しく五分後の雲の姿を描けるはずもない。しかし、そういう訓練をしていると、頭に新しい思考回路ができてくるのだ。」

基準となる過去のデータがないところで、未来を予測する機会はなかなかありません。つまりこういった脳の使い方は普段はされないのです。この訓練では「感」や「第六感」、英語で言う「センス」を養う効果があると氏は言います。気軽に試してみてはいかがでしょうか。⇒Blog Ranking

考える技術
大前 研一
講談社
定価 : ¥ 1,680
2004-11-05
amazonで詳しく見る
「うなずいてくれると、ほっとする」
皆さんはコミュニケーションの場で、どんなときにストレスが溜まりますか。
氏は「レスポンスがまったくない」ときだと言います。

「コミュニケーションにおいて、レスポンスを返すことは初歩以前の問題だ。-まったく知らない道を走っているようなもので、非常なエネルギーを要する。-たとえ内容を理解していなくてもうなずいてくれると、ほっとするものだ。話している最中に相手がうなずいてくれると、自分の足場ができたという安堵感が生まれ、安心して話を続けることができる。-自分の言葉が相手に届いている、受け止めてもらっている。その実感があると、ストレスは格段に減る。」

これは多くの人に心当たりがあるのではないでしょうか。会話において相手がまったく反応を示さないときには強いストレスを感じるものです。メールにしても同様です。逆に自分が聞き役になったときは最低限「うなずく」ことを忘れないでいたいものです。たったそれだけの気遣いで相手の欲求を開放することができるのです。⇒Blog Ranking

ストレス知らずの対話術
齋藤 孝
PHP研究所
定価 : ¥ 756
2003-04-16
amazonで詳しく見る


「頭がいい人への第一歩は、頭がいい人に見せること」
先日「カッコつけずにカッコ悪いほうを選べ」という趣旨の言葉を紹介しました。

今日はその対極となる考えです。

「まずは内面を磨く必要がある。私も、もちろん、そう思う。だが、私がここで言いたいのは、見せかけだけを整えようということではない。まずは外見を整えて頭がいい人だと人に思わせ、そうすることによって本当に頭がいい人になることを、私は目論んでいるのだ。言い換えれば、本当に頭がいい人になるための第一歩として、頭がいい人に見せるべきだと考えるのだ。」

人は、それなりのポストが与えられると器もそれなりに大きくなるというのが常識となっているそうです。つまり「徹底的にカッコつけて、周りからできる人だと思われる。そうすると自然とそれに見合う人間に変身する」というのが氏の見解です。

面白いですね。中谷彰宏氏と樋口裕一氏という新書界の両巨頭がまったく反対の考えを持っています。どちらが正しいというわけではなく、大切なのは「自分はどう考えるか」です。⇒Blog Ranking

頭がいい人の「自分を高く売る」技術
樋口 裕一
角川書店
定価 : ¥ 720
2005-08
amazonで詳しく見る



「仕事というのは、社会に空いた穴です」
養老孟司氏のベストセラーの続編です。

急増するフリーターがよく口にする「自分にあった仕事を探しているから」という言葉に対して氏は言います。

「仕事いうのは、社会に空いた穴です。道に穴が空いていた。そのまま放っておくとみんなが転んで困るから、そこを埋めてみる。ともかく目の前の穴を埋める。それが仕事というものであって、自分に合った穴が空いているはずだなんて、ふざけたことを考えるんじゃない、と言いたくなります。」

・・・・・・。相変わらず氏の言葉は難しいですね。

とにかく目の前の仕事を一生懸命しなさい。自分に合う合わないじゃなくて、社会が必要としているんだから。仕事の基準は自分にあるんじゃなくて、社会にあるんだよ。仕事にあわせて自分自身が成長していく必要があるんだよ。といったところでしょうか?⇒Blog Ranking

超バカの壁
養老 孟司
新潮社
定価 : ¥ 714
2006-01-14
amazonで詳しく見る
「ケータイによって実現したのは退化現象」
本書では、IT化の極致であるケータイが現代社会にどのような影響を与えたのかを考察します。

ケータイは進歩と快適さを追求した文明の象徴ですが、それにより実現したのは、思考力の衰退、家族の崩壊などの退化現象だと氏は言います。

「それではケータイの流布によって、私たちの生活スタイルはどのような本質的変化を遂げるのだろう?-つまり従来は、自分自身の身体の一部である脳を使って行っていた内容を、そっくりそちらへ移管しようとするのだ。-ただ問題は、それで私たちは本当に、より人間的な営みを実行できるようになるのか、ということである。-むしろまったく正反対の現象が起きているふしすらある。つまり、人間はむしろ非人間化しつつあるのではないかという印象を受けるのだ。実は私たちは、わずらわしい日常にうもれているからこそ、人間性をまとっていられるのかもしれない。」

こんなこと若い人が聞くと「またか!」と思われることでしょう。いつの時代も新しい情報伝達ツールが台頭すると、うえの世代の人たちから叩かれるものです。据え置き電話のときもしかり、ラジオのときもしかり。
しかし、こういう意見を頭ごなしに否定し、聞く耳を持たないというのは危険です。新しいテクノロジーは陽の面があれば必ず陰の面もあります。ケータイの普及で逆に失ったものを、一度思い浮かべてみるのもいいのではないでしょうか。⇒Blog Ranking

考えないヒト - ケータイ依存で退化した日本人
正高 信男
中央公論新社
定価 : ¥ 735
2005-07-26
amazonで詳しく見る


「疲れる原因は相手ではなく、自分にある」
もうひとつ中谷彰宏氏の言葉を。
人間関係がうまくいかず、"なんて周りはやな奴ばっかなんだ!"と嘆いている人は次のように考えてみてはいかかでしょう。

「人間関係で疲れる理由は、相手にあるのではありません。自分自身の中にあるのです。自分自身が、カッコつけすぎるのが、疲れる原因なのです。いいに人に見られたい。かっこよく見られたい。頭がいいように見られたい。お金持ちに見られたい。仕事ができるように見られたい。そういう"カッコ"が、あなた自身を疲れさせているのです。"今、自分は、いいカッコをしすぎていないか"ということを、常に頭の片隅に置いておくのです。AかBかで迷ったら、カッコ悪いほうを選ぶのです。そうすれば、人間関係で疲れることはありません。」

人からの評価を気にしすぎると、同時に"人を評価する"ようにもなります。当然そういう接し方では、人間関係も深まりません。ここは勇気を出してバカにされるくらいカッコ悪い自分をさらけ出してみましょう。そうすると"人はそれほど自分のことを値踏みしてるわけではない"ことに気づくはずです。気分がす~っとラクになります。人を評価することもなくなり、おのずと周りに人が集まってくるでしょう。⇒Blog Ranking


人間関係に強くなる50のヒント
中谷 彰宏
三笠書房
定価 : ¥ 420
2002-11
amazonで詳しく見る
「クヨクヨしたら、遠くを見よう」
もうおなじみになりました中谷彰宏氏の言葉です。

人間誰でもちょっとしたことで自信をなくしてクヨクヨしてしまうことがありますよね。そんなときこの言葉を思い出せば元気が沸いてくるのではないでしょうか。

「どうしたら、ささいなことでクヨクヨしなくなるのでしょうか?私たちは、ほんのささいなことで、クヨクヨしてしまいます。クヨクヨは、船酔いと同じです。私たちは、自分という小舟に乗って、人生という大海原の波の上で揺られています。船酔いをする人は、目の前の波をみつめているのです。船酔いをしないコツは、目の前の波を見ないで、遠くの水平線を見ることです。目の前の波が、どんなに嵐のように荒れていても、遠くの水平線はいつも穏やかです。クヨクヨしたら、目の前の波ばかり見ている証拠です。遠くの水平線を見ましょう。」

言うまでもなく、遠くの水平線とは将来の自分です。今日起きた小さな出来事が長い人生にどれほどの影響があるのでしょうか。荒波などではびくともしない、力強い船になって水平線を目指したいものです。⇒Blog Ranking

背中を押してくれる50のヒント
中谷 彰宏
三笠書房
定価 : ¥ 420
2002-04
amazonで詳しく見る
「どんなときでも手を抜かず、全力で戦うからプロなんだ」
カズこと三浦和良氏の言葉です。

本書ではカズが語った数々の名言が収められています。その言葉ひとつひとつに重みがあり、現役でいてすでに伝説です。
タイトルは氏のプロ意識についての言葉です。

「お金をもらうからプロじゃない。どんなときでも手を抜かず、全力で戦うからプロなんだ。そこを勘違いしている選手が最近多い。」

私はカズが弱音を吐いたり、手を抜いたプレーをするところを見たことがありません。今でも日本代表に復帰することを信じて日々練習している姿は、言葉以上の説得力があります。
カズは練習においてもプロ意識を忘れません。

「チャンスがきたら自分は大丈夫だと思うために、練習に100%の力を入れて、身体を作ってきました。練習を人一倍やらなければならないんです。」

試合のために余力を残すことなど絶対にしません。練習で全てを出し切り、試合でもさらに全てを出し切る。それがプロだと氏は言います。⇒Blog Ranking

蹴音―三浦知良伝説の言葉
三浦 知良
ぴあ
定価 : ¥ 1,260
2006-03
amazonで詳しく見る
「あたしの最上の友は本」
本書では齋藤孝氏が「天才」と認める、ピカソ、宮沢賢治、シャネル、イチローの四人を取り上げ、その天才術を紹介します。

タイトルは、シャネルの言葉です。あまり知られていませんが、シャネルは幼少の頃捨て子同然で孤児院に引き取られ、多くの時間を孤独の中過ごします。そして、孤独な中出会った様々な本が彼女の作品に大きな影響を与えたと言います。

「本はずいぶん買った。あたしの最上の友は本である。ラジオが嘘つき箱だとすれば本は宝物だ。-インテリや、教養のある人たちにも出会ったが、あたしが案外物知りなのに驚いていた。-もし、あたしに娘がいたらば、こういう本をあげて、人生のなんたるかを教えたいものだった。そこには大いなる掟もあれば、人間の不可思議さも発見できる。」

シャネルは本の世界で知性を磨きつつ、自分自身に向き合う静かな時間を非常に大切にしたといいます。そういう時間が彼女の類稀なる感性に磨きをかけたのかも知れません。⇒Blog Ranking

天才の読み方 究極の元気術
齋藤 孝
大和書房
定価 : ¥ 680
2006-02-09
amazonで詳しく見る
「好きなことだけやればいい」
青色LED訴訟で一躍有名になったカリフォルニア大学教授 中村修二氏の言葉です。本書のタイトルが示すように、氏の人生哲学は「好きなことを好きなようにする」ことだそうです。

「大学時代の私は一種の変人だった。友達づきあいもあまりせず、下宿に閉じこもって本を読んだり、一人で吉野川の堤防を走ったりして過ごしていた。日本の教育システムに対する疑念から、自分の好きなことを好きなようにやらなければ損をすると感じたからだ。-私の場合、あまり好きなようにやっていたものだから、できちゃった結婚に至り、日本のメインストリームから外れてしまった。そのおかげで日亜化学に入り、青色LEDを発明することができたのだから人生はわからない。メインストリームから外れたことが結果的には良かったのである。やはり、好きなことを好きなようにやるべきなのだ。これは、仕事や勉強、趣味など。全てのことに共通して言える。好きなことを好きなようにやればいいというのは、私にとって一種の普遍的な真理だ。」

好きなことを好きなだけして過ごすことができれば本当にすばらしいですね。ただ、そのためには「結果」を残さなければなりません。当然血も滲むような努力も氏は経験しています。それを眉一つ動かさず乗り越えられるのは本当に研究が「好きだから」ではないでしょうか。⇒Blog Ranking

好きなことだけやればいい
中村 修二
バジリコ
定価 : ¥ 1,575
2002-04
amazonで詳しく見る
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。