FC2ブログ

心を打った この本の この一行

選りすぐりの書籍から、心に響いた一文を紹介します。
「売れる商品を選ぶと失敗する」
本ブログではおなじみ、元経済企画庁長官 堺屋太一氏です。

氏が勝ち組コンビニ経営者から学んだ理論です。

「成功したコンビニエンスストアチェーンの経営者に、"売れる商品を選ぶコツは"と尋ねたら、"売れる商品を選ぶと失敗する。売れない商品を除くのが大事だ。そうすると空いた棚に新商品が入って売れるものだけが残る"という答えが返ってきて、"なるほど"と感心した。売れる商品を探そうとすると、いま店に並んでいるものの中でよく売れている商品が選ばれ、最良の場所を占める。だが次には、これが最良の場所に置かれているから売れている、という現実が無視され、古い売れ筋がいつまでも残る。この結果、店全体が時代遅れになって客足は遠のく。」

この理論は他の事業にも当てはまります。「成功するコツを探すよりも、失敗する原因を取り除け」ということです。

「"幸せな家庭はみな似ているが、不幸な家庭はそれぞれに不幸だ"と書いたのはトルストイだが、私の見るところ事業は逆、"成功した事業はそれぞれに成功していたが、失敗した事業はみな似ている"のである。」⇒Blog Ranking

「平成三十年」への警告―日本の危機と希望を語る
堺屋 太一
朝日新聞社
定価 : ¥ 1,470
2002-11
amazonで詳しく見る
スポンサーサイト
Designed by aykm.