FC2ブログ

心を打った この本の この一行

選りすぐりの書籍から、心に響いた一文を紹介します。
「興味のなかったことにこそ発見がある」
どんな人にも長所と短所を兼ね備えています。自分の長所を知る人は強いといいます。しかし、長所に拘るあまり、長所の落とし穴にはまる人もいます。

銀座クラブ「ふたご屋」のママ ますい志保さんがある大企業の社長のエピソードを紹介しています。

その常連の社長は店でカラオケなどしたことがなかったのですが、ある日突然「今日はちょっと歌ってみようかな」とマイクを取ります。その実力にますいさんは驚き、なぜ今まで歌わなかったのか尋ねます。それに社長はこう答えます。

「いや、カラオケなんてほとんど歌ったこともなかったし、興味もなかったんでね。でも、興味ないこともやってみないとね。好きなこととか興味のあることばかりやっいたら、視野が狭くなっちゃうじゃないか。僕はいつも、それまで興味のなかったことを日ごろからどんどんやるようにしているよ。そうすると、いろんな自分が見えたりもして、結構おもしろいんだよ。」

長所を知る人は、その分野から外れることを嫌います。自分の得意なことばかりにエネルギーを注ぎ、結果視野の狭い人間になりかねません。普段からいろんな角度で自分を見つめるために、苦手だと思っていたことや興味のなかったことにも手を出し、新しい世界や自分を発見するのもいいのではないでしょうか。⇒Blog Ranking

銀座ママが明かすお金に好かれる人、嫌われる人のちょっとした違い
ますい 志保
アスキー・コミュニケーションズ
定価 : ¥ 1,470
2002-12
amazonで詳しく見る
スポンサーサイト
Designed by aykm.