心を打った この本の この一行

選りすぐりの書籍から、心に響いた一文を紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「視点のスイッチを切り替えて解決をはかる」
問題が起こったとき、起こった問題を違う視点からとらえてみたり、問題そのものを再度考え直したりすると、一方向からでは気づかなかった解決法が見えてくるものです。

この視点を変えるテクニックとして役立つのが"アソシエーション"と"ディソシエーション"です。

「アソシエーションとは、1つの問題の中にどっぷり浸かっている状態のことをいいます。対して、その問題を100年後から眺めてみたり、他人事のように眺めてみたりすることをディソシエーションといいます。心と体を離して、自分を客観的に見ることです。」

人生がうまくいっている人は、このスイッチの切替が上手だといいます。楽しいとき、うまくいっているときにアソシエートでき、辛いときや問題が起きたときにはディソシエートしているのです。⇒Blog Ranking

図解 もしもウサギにコーチがいたら―「やる気」を引き出す33の方法
伊藤 守
大和書房
定価 : ¥ 1,050
2005-10
amazonで詳しく見る
スポンサーサイト
「問題意識なくして問題解決はない」
人は誰でも創造人になる可能性をもっています。創造的な解決をする人に欠かせない資質、それは「問題意識」です。

2002年にノーベル賞を受賞した田中耕一氏のエピソードです。

「田中さんの受賞はソフトレーザー脱離イオン化法に対してのものです。この実験を行っているとき、田中さんは金属粉末にアセトンを溶かすべきところを、間違えてグリセリンに溶かしてしまいました。捨てるのはもったいないので、そのままレーザーを当て測定値を観察し続けた結果、高分子の質量分析を可能にする現象が発見できたというのです。-田中さんの発見も偶然かも知れませんが、粘り強く問題意識を持ち続けたからこそ可能となった発見でもあります。」

同じものを見ても、問題意識の有無によって人の反応は決定的に異なります。解決のヒントは至るところに隠されています。問題はそれを見つけ出す能力があるか否かです。⇒Blog Ranking

ライバルに差をつける本 速攻!ビジネス発想法
高橋 誠
日本経済新聞社
定価 : ¥ 1,000
2004-01-26
amazonで詳しく見る
「うまくいかなかった事例を集めよう」
誰でも成功のケーススタディーばかりに目が行きがちですが、実際には失敗のケーススタディーからのほうが学ぶところが多いのです。

トヨタ自動車での話です。

「トヨタはある町工場に、精巧な小ネジの製作を頼みました。ところがその町工場では、いろんな手法でトライしたにもかかわらず、完成させることができませんでした。そのとき、トヨタ側は"わかりました。どのようにトライしてできなかったのかを、われわれにレクチャーしてください"と言いました。このレクチャーに対してお金を払ったのです。」

これがトヨタの強みだといいます。どんなトライをして、どう失敗したのか。その事例は、成功者が語る自慢話よりもよっぽど役立つデータが蓄積されています。⇒Blog Ranking

会議をなくせば、速くなる。―職場がイキイキする50の具体例
中谷 彰宏
ダイヤモンド社
定価 : ¥ 1,260
2006-02
amazonで詳しく見る
「君のからだは、君が食べてきたものからできている」
皆さんが生まれたときは何グラムだったのでしょうか。おそらく3キロ程度の小さな小さなかわいい赤ん坊だったと思います。それがだんだんと大きくなり、例えば今60キロある人ならば20倍にも体重が増えたことになります。

さて、その増えた分はどこからきたのでしょうか。

「毎日食べたものが、私たち自身の消化吸収能力や代謝能力により、骨や筋肉、皮膚、内臓、血液、神経細胞などに変化して、われわれは成長してきたのである。いま現在の君の肉体のほとんどは、君がこれまで食べてきたものでできているのである。大人になって体格の成長が止まってからも、同じである。慎重や体重に変化がなくても、私たちのからだの組成は、どんどん入れ替わっている。-今の君は、1年前の君とは九割がた、別人なのである。ということは、食生活がちゃんとしていれば、肉体は健康的で体調がよく、精神状態も安定するのである。」

食べ物が自分のからだの一部になるのは、理屈では理解していても、ほとんど意識するものではないですね。いま食べているハンバーガーが自分のからだを作るなんて実感わかないですし。けど、これは事実なのです。自分のからだが添加物たっぷりのファストフードやインスタント食品でできてるって考えるとイヤですよね。(^^; 食事をするときは「これが自分のからだになるのだな。」という思いを頭の片隅にでも置いておくだけでも、食生活の改善、ひいては体質の改善につながるのではないでしょうか。⇒Blog Ranking

漢方的スローライフ
幸井 俊高
筑摩書房
定価 : ¥ 798
2005-10-04
amazonで詳しく見る
「人生は2対4対2の時間の比」
定年を迎えるサラリーマン向けの本書ですが、たまにはこういったジャンルにも目を通し、六〇歳になった自分を想像してみるのもいいのではないでしょうか。

むむっ!と感じた1行を。

「成人までの二〇年、現役時代の四〇年、そしてこれからの二〇年。人生はおおまかに2対4対2の時間の比で分けられますが-」

むむむっ。人生2対4対2。この発想はあるようでなかったですね。こうしてみると六〇歳からの人生は決しておまけではなく、0歳から二十歳までと同じくらい充実した時間なのかも知れませんね。というより、そうしなければいけませんよね。(^-^)⇒Blog Ranking

「晩学」のすすめ―六〇歳から勉強しよう
野口 靖夫
創元社
定価 : ¥ 1,470
2005-07
amazonで詳しく見る
「会社は粗利益で生きており、その粗利益はお客からしか出ない」
ひ、ひどい本でした・・・。(>_<) 内容が薄すぎて頭に何も残りません。
この本ほんとうにベストセラーなんでしょうか・・・。

けど、せっかくなのでひとつまともな文を紹介。

「会計の仕事も必要ですが、会計の仕事からは1円の"粗利益"も生まれません。さらに会計を中心とすると次は賃金制度や内部の活動がより重視されるようになります。こうなると経営の源になるお客づくりがおろそかになったり、競争力のある商品づくりが"おろそか"になるので結局業績が悪くなります。繰り返しになりますが、会社は粗利益で生きており、その粗利益はお客からしか出ないのですから、経営について考えるときは"お客を出発点にする習慣"をつけておくべきです。」

当たり前といえば当たり前ですが、会社の目標は利益をあげることです。どんなにすばらしい理念を掲げていても、お客からお金を頂かないと会社は存続できません。無駄に長い会議や、残業してまで書き上げた営業日報は、本来すべてお客様のためでなければなりません。どれだけ同僚を打ち負かしても、どれだけ上司に誉められても、最終的にはお客様からの収益に結びつかなければ意味がないのだということです。⇒Blog Ranking

プロ☆社長
竹田 陽一
中経出版
定価 : ¥ 1,575
2006-06-30
amazonで詳しく見る
「子どもと同じ目線で接することができなければ教育者の資格はない」
「夜回り先生」の愛称で有名な水谷修氏です。テレビなどでもたびたび取り上げられているため皆さんもご存知だと思います。

今では夜間高校で教壇に立ちながら、毎日夜の街で若者を救うために体を張っている氏ですが、意外にも教師なりたてのころは、嫌々仕事をしていたそうで。少し長いですが、ひとつのエピソードを紹介します。

「そこは普通高校ではなく体が不自由な生徒たちを預かる養護学校で、私が望んでいたような職場ではなかった。訓練、トイレ介助、食事補助などの介護業務が主で、勉強を教えることにも、進路の相談に乗ることにもほとんど縁が無かった。-私はいつも辞めることばかり考えながら、嫌々仕事をしていた。-ある日、生徒が大便をもらしたので、私はトイレでその子のおむつを換え、お尻をシャワーで流そうとしていた。-なんで教員の私がこんなことをしなくてはいけないんだろう。-そんなことを考えていた私はうっかりシャワーの温度を確認しなかった。ギャッという声に反応すると、私は子どものお尻に冷水をかけていたことに気づいた。でも私はすぐに"それがどうした"と開き直った。大便の始末をさせられている私の不幸に比べれば、冷水をかけられたくらいなんだっていうんだ。私はいつの間にかすさんだ人間になっていた。

-すると背後から"お前いま何をした!"と怒鳴り声がして、振り返ると同時に私は思いっきり殴られた。私を殴った男はその子を抱きかかえ、すぐに暖かいシャワーをかけてあげた。"ごめんね、冷たかったろう、もう大丈夫だよ。"そして私のほうに向き直ると、こう言った。"水谷さん、この子が何か悪いことをしたのかい?この子は君を信じてるんだ、君しか頼れないんだよ、君がちゃんと面倒を見てあげなくてどうする。"心から自分を恥じた私は、その先生に頭を下げて、再び子どものお尻を丁寧に洗いなおした。何も反論できなかった。子どもと同じ目線で接することができなければ、どれだけ理想を掲げても教育者の資格はない。板坂先生というその教員を見て、その堂々たる姿勢に私は胸を打たれた。」


それから氏はなぜ自分は教師になりたかったのかを再確認し、自分の仕事の意義を知ります。私を求めてくれる子どもたちがこんなにたくさんいる。そして私は彼らの要望に応える能力を持っている。この出来事で学んだことのこたえが、今の氏の「夜回り」という行動にあらわれているのです。⇒Blog Ranking

夜回り先生
水谷 修
サンクチュアリ出版
定価 : ¥ 1,470
2004-02
amazonで詳しく見る
「メモリ空間を開放するために、書き出す」
パソコンにはメモリとよばれる記憶をつかさどる部品が組み込まれてます。メモリには上限があり、上限以上のデータを記録することはできません。

さて、コンサルタントを営む著書がクライアントである経営者の前でのプレゼンテーションを終えると、その経営者からあっけにとられた顔でこういいました。

「君、たった今、私の人生を変えてしまったようだよ。今までは、実を言うと、自分の記憶力がいかに良くて、いかに記録に頼らずに管理できているか、というのが自慢だったんだ。もっとたくさんのことを覚えこんで、記憶の容量を増やそうと努力さえしてきた。だが、場違いなところにエネルギーを使っていたということがわかったよ。」

はたして頭というのは何かを保管する場所なのでしょうか。否。頭は保管するためではなく、生み出すためにあるのです。したがって、いっぱいになったメモリ空間を開放し、新しいものを創造するための隙間を空けてあげる必要があります。そのためには、頭の中の情報を書き出すことです。覚えておくために書き出すのではなく、忘れてもいいために書き出すのです。そして脳をフル回転させて本来の仕事である生産的活動に専念させましょう。⇒Blog Ranking

ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則
デビッド アレン David Allen 田口 元
二見書房
定価 : ¥ 1,575
2006-05
amazonで詳しく見る
「経営には道徳と算盤のバランスが大切」
創業以来20年以上、常に利益率は20%を超える経営を実践してきたという恐るべき中小企業 株式会社タニサケ。主力製品は「ゴキブリキャップ」というゴキブリ駆除剤です。

会長である松岡浩氏は次のような経営論を持ちます。

「私が会社を経営するにあたって気をつけているのが、"道徳"を50パーセント、"算盤"を50パーセントにするということです。"道徳"は思いやりの社会正義ややさしさといったものを考える頭、"算盤"とはいかに儲けるかを考える頭です。双方のバランスが取れているときが、経営がいちばんうまくいくと思っています。」

道徳は大切ですが、それだけではビジネスの世界で生き抜いていきません。金儲け一辺倒でも顧客はつきません。そのバランスを感じ取ることが重要です。ちなみに、一般的には、長男は道徳の比重が高く、次男、三男は要領がよくて算盤の比重の高い人が多い、と本書で述べています。ほんとですかね?(^-^;

⇒Blog Ranking

ゴキブリだんごの秘密―なぜ売れるのか、なぜ高収益か
松岡 浩
PHP研究所
定価 : ¥ 1,365
2006-03
amazonで詳しく見る
「知らない、というところに立つ」
いっときブームになった、情報そのものをネットで販売するという情報起業を推奨し、そのノウハウを紹介する本書。内容はぺらぺらの薄々ですが、ひとつ面白い言葉がありました。

「あなたにはもちろん、今までの経験や知識があります。それはあなたの強みですが、そこにこだわりすぎると、大きく飛躍することが難しくなるのです。自分でビジネスを始めるのは"初めて"なのですから、まずはその部分は"知らない"というところに立ってください。たとえどんな成功者とであっても、学ぶ姿勢がないと新しい情報は入ってきません。」

どれほどの経験を積んで、結果を出してきた猛者でも、新天地では1年生です。能力の低い者ほど,自己を過大評価します。能力の非常に高い者は,自己を過小評価します。 まずは「知らない」自分を「知る」ことからはじめましょう。⇒Blog Ranking

「大好き」を仕事にして月収100万円!
鍵谷 健
あさ出版
定価 : ¥ 1,365
2005-12-16
amazonで詳しく見る
「沈黙の間を怖れない強さが北野さんの映画には出ている」
「風の谷のナウシカ」「ハウルの動く城」などの宮崎駿監督作品から、「HANA-BI」「菊次郎の夏」などの北野武監督作品まで、数多くの映画音楽をつくり上げた作曲家 久石譲氏です。

氏は映画にはその監督の人格が如実にあらわれるといいます。次の会話は氏と北野武監督とのワンシーンです。

「北野さんは、沈黙が気にならない人だと思う。撮影所で一緒にいても、本当に喋らない。

"監督、どうもお久しぶりです。"
"どうも"
・・・・・・・
"あれ、うまくいきましたね"
"ああ、はい"
・・・・・・・
"ああいう感じでつくといいよね"
"そうですね"
・・・・・・・
・・・・・・・
"じゃあ、行きますか"

これだけの会話を交わす間、約15分。普通は互いに無言でいる間がもたなくて、"いい天気ですね"とか"最近、どう?"とか、どうでもいいことをいいたくなるものだが、王者の風格というのだろうか。その沈黙の間を怖れない強さが、北野さんの映画には出ていると思う。」


私も北野監督の作品は好きでよく見るのですが、彼の映画は確かに独特の雰囲気が漂っています。「なんだろうな~」と思ってたのですが、答えは「間」だったのですね。普通の監督なら必ずBGMを挿入するような場面、例えばラブシーンなどでも、北野監督はとってつけたような演出は一切行わず、ただただ沈黙の中にリアリズムを求めます。今度彼の映画を見るときは、勇気ある沈黙の間を楽しみましょう。⇒Blog Ranking

感動をつくれますか?
久石 譲
角川書店
定価 : ¥ 760
2006-08
amazonで詳しく見る
「日本人は悪く言えば、自分がない」
「自分でもなぜあんなことをしたのか分からない」。人は時として自分ではない者の意思により行動に走ってしまうことがあります。「魔が差した」、つまり本書のタイトル「悪魔のささやき」が凶悪犯罪や自殺などに導くというのです。

「悪魔のささやき」はいろいろなタイプがありますが、私たち日本人の「悪魔」はどんな特徴があるのでしょうか。

「まず一つには、和を重んじる国民性が考えられます。和とは、"みんなで仲良くしましょう。他人との関係を考えながら自分の進む方向を決めましょう"ということです。この日本人の気質は、よい面を取り上げれば"協調性がある"と言えるけれど、悪く言えば"自分がない"。だから、誰かが大きな声でもって、ある方向への指示を出すと、その方向に向かって次々に動いてしまう。権力者や国家の意向に動かされやすく、集団の意思や時代の空気に流されやすいんです。」

「個人だ、個性だ」と言ってる大人たちが、「わー、ヨン様だー。わー、ハンカチ王子だー。」と思う存分マスコミに流されてるのですから、子供たちに「個」などが芽生えるはずもありませんよね。「悪魔のささやき」にブレーキをかけるのは「和」ではなく「個」です。確固たる個を持たなければ人は簡単に外的圧力にコントロールされてしまいます。⇒Blog Ranking

悪魔のささやき
加賀 乙彦
集英社
定価 : ¥ 714
2006-08-12
amazonで詳しく見る
「書くとなると絶望的になる日本語」
本書は外国人向けに日本文化を説明した「Seventy-seven keys to the civilization of Japan」の和訳版です。
さまざまな分野から日本文化を代表する77のキーワードを日本史を通して解説しており、日本人の私たちが読んでも勉強になりますが、「外国人がこれを読んで、どう感じるのだろう」と想像しながら読むと、また楽しめます。

その中から、「漢字と仮名」について。

「漢文は口語体とはまったくちがった語彙と語法を持つ文章語として発達をとげた。-漢字は中国語とは言語構造の違う日本語を表記するに不便だった。そのため漢字の音だけを利用して日本のことばをうつしとる方法がとられた。-その後画数やかたちが簡略化された仮名という表音文字が日本で独自に発明される。片仮名は原漢字の一部だけをとり、簡素化したもので、経典を読解するための書込み用として仏教界で使われた。-平仮名は原字をくずして簡単なかたちにしたもので、平安時代の貴族社会の女性のあいだで、日常的な日記や手紙を書くために使われた。平仮名と片仮名にはとくに統一がなく、いくつかの流派があったが、日本の字として国がさだめ、現在のかたちにまとまったのは、一九〇〇年のことである。」

外国人がこれを読んで「???」となっている姿が目に浮かびますね。(?_?)現在は、漢字、平仮名、片仮名に加え、ローマ字が普通に文章の中で使われるようになり、より日本語は複雑をきわめることになります。日本語を話す外国人は多いですが、それを書くとなるとほとんど絶望的な難易度となるそうです。「英語ってなんて難しいんだ!」と、嘆いている日本人の方、日本語に比べればなんてことはないはずです。(^-^)⇒Blog Ranking

日本文明77の鍵
梅棹 忠夫
文藝春秋
定価 : ¥ 798
2005-04
amazonで詳しく見る
「起業家が24時間体制で働いていることも理解されている」
先日SNSの先駆け「ミクシィ」が上場を果たし、300万円の初値をつけ時価総額2000億円という大起業に化けました。若干30歳の笠原健治社長は一夜にしてIT長者の仲間入りです。

そんな彼ら「勝ち組」を中流層の国民はどう見ているのでしょうか。

「サラリーマンと違って一晩にして富裕層に変身する起業家は、大きなリスクを背負ってビジネスに挑戦している。"ハイリスク・ハイリターン"が正当なものであることは国民の間にも浸透していると筆者は思う。同時に、起業家と呼ばれる人々が24時間体制で働いていることも理解されていると思う。派手な行動が目立つ一方で、すさまじい仕事量をこなしているという事実も認知されつつあるのではないだろうか。これらは起業家を中心とする富裕層にはプラスに働く。"彼らは金持ちかもしれないが、それは十分に理由のあることだ"と国民が思うからである。」

以前は「金があれば何でも買える」と言い切った経営者が今や堕ち、起業の理念や社会へのメッセージを語る若き経営者が増えているといいます。日本には成功者を妬む文化がある、といったのは奥田碩氏ですが、それも成功者の人格次第ではないでしょうか。笠原社長にも、格差を感じさせずに中流層から支えられる経営者になって頂きたいですね。(^-^)⇒Blog Ranking

格差社会の結末 富裕層の傲慢・貧困層の怠慢
中野 雅至
ソフトバンククリエイティブ
定価 : ¥ 798
2006-08-17
amazonで詳しく見る
「突然変異を起こし、淘汰のプロセスを経て、進化した姿になる」
ダーウィンの進化論。皆さんもよくご存知だと思います。進化論では、突然変異と淘汰によって生物は進化するとします。つまり以下の段階を踏みます。

【突然変異】突然、遺伝子に変化が起こり、多種の生物が現れる
 ↓
【淘汰】その中で環境に適応できなかったものは、生き残ることができない
 ↓
【進化】環境に適応できるものだけが生き残る

本書はこのステップを実生活に置き換え「平成・進化論」と名づけます。

「日常生活における【突然変異】とは、いままでと異なるさまざまな選択肢を持つということです。お稽古事をするもよし。資格を取るもよし。先入観にとらわれず、これまで敬遠してきたようなことも含めて、とにかくさまざまなことをやってみるのです。新しく始めたことの中には、やってみたけど魅力を感じなかった、いまの時代にそぐわない、というものも出てくるでしょう。それらは躊躇せず【淘汰】してしまえばいい。このプロセスを積み重ねていくと、やがて淘汰しようにも淘汰できない、新しい自分が生き残っています。それが、あなたが成長した姿、つまり【進化】です。」

おお!見事にまとめましたね。「自分探しをしてみたい。自分を磨きたい」といいながら、何も行動を起こさないままでは、けっして進化できません。失敗しても、途中で飽きても、自分には向いてなくても、何でもいいのです。いままでやっていなかったことをリストアップし、まずはチャレンジしてみましょう。⇒Blog Ranking

仕事は、かけ算。 ~20倍速で自分を成長させる
鮒谷 周史
かんき出版
定価 : ¥ 1,575
2006-06-07
amazonで詳しく見る
「時間の家計簿をつけて、浪費ぐせを直す」
お金には「投資」と「浪費」の2種類に分けて考えられます。
例えば、ノウハウを得るためにセミナーに行く、資格取得のために教科書を買う、仕事の効率化を図るためパソコンを買う。これらはすべて「投資」ですね。いっぽう、暇つぶしのために漫画を買う、目的もなく六本木で豪遊する、見栄だけのために高価なスーツを買う。これらは「浪費」と呼ばれます。

この考えは何も金銭的なことに限りません。時間にも当てはまると本書はいいます。

「本当は、主婦が家計簿をつけて無駄遣いを減らす努力をするように、あるいは投資家がポートフォリオを組んで効率的な資産運用をするように、"時間"もしっかり管理されてしかるべきものです。試しにしばらくの間、自分の時間の使いみちをすべて洗い出して、"時間の家計簿"をつけてみてください。今日は何の勉強に何時間投資することができたのか。逆にどの部分がネックになって、どれだけの無駄な時間を過ごしてしまったのか。これをしばらく記録すると、いままで意識していなかった自分の時間の使いみちがはっきりと見えてくるはずです。」

ありきたりな言葉ですが、「Time is money」です。たとえ1円もお金を使わなくても、将来のために時間を投資することは可能です。

もっとも、お金同様、すべての時間をひとつの対象に投資する必要はありません。リスクが高すぎます。氏が言うように、何にどれだけの時間を投資すれば、どれだけのリターンがあるのかを予想し、しっかしとしたポートフォリオを組むことが重要なのです。⇒Blog Ranking

仕事は、かけ算。 ~20倍速で自分を成長させる
鮒谷 周史
かんき出版
定価 : ¥ 1,575
2006-06-07
amazonで詳しく見る
「ビジネスモデル1000本ノックでアイデアを磨いた」
タイトルの「仕事はかけ算」。どういうことかというと、パフォーマンスの低いビジネスマンは【成果=仕事量+仕事量+仕事量・・・】という足し算で仕事をしていますが、ハイパフォーマーは【成果=仕事の質×仕事の密度×仕事の量】の考えを持つといいます。

これだけ聞くと「フーン。よくある理想論だね。」で終わりそうですが、ところがこの本、予想をはるかに上回る良本で、何度も何度も感銘を受けました。

著者の鮒谷周史氏は元サラリーマンで、不慮な倒産による3年間の失業生活を経験しています。ふたたびサラリーマンになる道を捨て、自分でビジネスを展開する野望を抱きます。

「ただ、具体的にどんなビジネスモデルで起業すればいいのか、皆目見当もつきません。-そこで自分自身に課したのが"ビジネスモデル1000本ノック"でした。これは毎日30個ずつ、とにかくビジネスモデルをひねり出し、前日までのアイデアと競い合わせて勝ち残りを決めていくオリジナルの発想法。実際にやるとわかりますが、1日30個のアイデア出しは、かなり厳しいノルマ。-それにもかかわらずノックを続けたのは、独りよがりの思い入れを排して、ビジネスモデルを客観的に評価するためでした。」

独立開業で失敗するパターンの1つが、自分が考えたビジネスモデルにほれ込んで、意識的もしくは無意識のうちに弱点に目をつむってしまうケースだといいます。氏はとにかく数を出して、躊躇なく切り捨て、最後の最後に残った1つのアイデアで起業し成功を収めます。

ちなみに氏が成功するビジネスの条件として決めていたのは以下10項目です。

□在庫を持たない
□粗利率が高い(7~8割以上)
□頭を下げないで商売できる(お願い営業はしなくてよいもの)
□参入障壁が高いが、撤退障壁は低い(競合が少なく、万一のときはすぐ徹底できる)
□ビジネスが成長するとき、自分の肉体や時間がボトルネックにならない。
□インターネットを利用する
□自分が興味を持って没頭できる
□一定上のマーケットが、すでに存在することがわかっている
□ナンバーワン、もしくはオンリーワンを狙えるジャンルである
□成熟期ではなく、成長期にあるビジネスである

これらの条件をすべてクリアするビジネスモデルでなければアイデアとは見なさなかったのです。⇒Blog Ranking

仕事は、かけ算。 ~20倍速で自分を成長させる
鮒谷 周史
かんき出版
定価 : ¥ 1,575
2006-06-07
amazonで詳しく見る



「教養とは、物語力と仮説力のことである」
世の中の「単語」を、独特の視点で辛口たっぷりに「定義」します。辞書仕立てで手軽に読める一冊です。

その中から「教養」という言葉を。

「教養【きょうよう】教養とは、物語力と仮説力のことである。通勤途中のちょっとした体験を他人に話すときですら、それをどれだけ客観的に興味深く語ることができるか(物語力)、その出来事はどの程度のダメージまたはメリットを自分にもたらし、話す相手の好奇心をどれだけ満足させることができるのかを推し測る(仮説力)。そんな場面でも教養は、うっすらと立ち現れてしまう。」

教養人は、自分の今の位置を客観的に観測し行動します。そのためには現実世界のことを知恵として身につけておくことが望まれます。著書は、「イミダス」や「知恵蔵」などをいちど読み通してみて、即席でもいいから全分野の知を高めることをすすめます。⇒Blog Ranking

刺さる言葉―目からウロコの人生論
日垣 隆
角川書店
定価 : ¥ 720
2006-08
amazonで詳しく見る
「人間は論理だけで動いているわけではない」
書店をのぞけば、ロジカルシンキングやロジカルライティングといったいわゆる「論理的思考」を提唱する書籍が並びます。そんなブームの論理的思考には深い落とし穴があることを知っておくべきだといいます。

「人間は論理だけで動いているわけではない、否むしろ非論理的に考えたり行動することのほうが多いという事実です。これはCMを見ればわかります。商品を売り込む際、その商品の良さを"論理的"に説明しているCMなどほとんどありません。みな、視聴者の感情に訴えるものばかりです。"論理的CM"が視聴者の説得に有効なら、とっくに採用されているはずです。論理ではあまり効果が無いからこそ、感情に訴えるものとなっているのです。」

これはビジネスの場でも同様です。会議などで提案する場合、理路整然と相手を論破したところで相手を説得したことにはなりません。むしろ逆に、論破すればするほど、相手が反感を持ち逆効果になることが多いのです。論理的思考は必ず身につけなければならないスキルですが、万能ではないということも知っておかなければなりません。⇒Blog Ranking

戦略思考で勝ち残れ!
中山 治
筑摩書
定価 : ¥ 735
2003-06
amazonで詳しく見る
「新聞記事の文章は非常に特殊なものである」
依頼書、企画書、趣旨説明書、報告書、立案書、礼状、詫び状、案内状。ビジネスマンには文章を書かなければならない場合がしばしばあります。本書は、大人のための、文章についての作法や技術や作戦を紹介します。

うまい文章を身につけるには、うまい文章を読むのが近道といいます。逆に、参考にしてはいけない文章もあります。それは「新聞の記事」です。

「私の考えでは、新聞記事の文章は非常に特殊なものである。一般の人が、あの文章で手紙や日記や随筆を書いたらとても変なことになるのだ。」

例えば記事でよく使われる「としている。」「などと話しているという。」「とのみ方もある。」といった、自分の判断を書くのではなく、私は風評をまとめているだけ、と言う書き方は普通の文章でやったらとてもおかしくなります。まるで天から神様が見て書いたような文章になってしまいます。自分の立場や見解を出さない文章は、ビジネスの場では好まれませんよね。⇒Blog Ranking

大人のための文章教室
清水 義範
講談社
定価 : ¥ 756
2004-10-19
amazonで詳しく見る
「適切に身を固めることが大人になること」
大人になりきれない若者が増えていると聞きます。フリーターやニート、高年齢化する暴走族。本書ではこうした現象を「若者の難民化」とよびます。

では、本書で定義する大人とは何なのでしょうか。

「ひとつは、きちんとした仕事に就き、その責任を果たすことである。そしてもうひとつは、恋愛関係、家族関係、友人関係など、身近な関係をうまくやっていくことである。そしてこれらは、自分の人生のイメージを具体的に思い描くこと、言い換えると、適切に身を固めることである。」

現代の若い世代は、この二つの課題、大人への条件を前にして、ためらい、迷い、悩んでいます。しかし、大人だと自負している大人たちも果たしてクリアできているのでしょうか。思い悩むのも大切な大人へのステップです。あせらず一歩一歩大人になっていけばいいのではないでしょうか。それを放棄してはいけませんが。。。⇒Blog Ranking

正しい大人化計画 若者が「難民」化する時代に
小浜 逸郎
筑摩書房
定価 : ¥ 714
2004-09-07
amazonで詳しく見る
「短文こそコミュニケーション力の根源」
人と会話しているときに「結局、何がいいたいんだ?」と言われたことはないでしょうか。「これだけ時間をかけて説明したのにどうして伝わらないんだ?」と憤慨する気持ちは分かりますが、ほとんどの原因は「話が長い」ことにあります。

できる人ほど物事を短文で語るといいます。

「長い話はなぜ分かりにくいのでしょうか。実は、話が長いから分かりにくいのではなく、分かりにくいからその分さらに説明しようとして、ますます長い話になってしまうのです。自分のペースで長々としゃべることほど、本人にとって楽なことはありません。しかし、聞き手にとってはこんなに迷惑なこともありません。逆に短く語ろうとすれば、分かりにくい話が許されない緊張感が生まれます。」

言葉は短文であればあるほど情報伝達能力が増すといわれます。伝えたいことは必ず短文にできます。その短文にするときのポイントです。

・伝えたい一点だけを見つめる
・言葉の優先順位を考える
・結論を先に、が基本
・情報の重要度を見極める


言葉は口から発せられた瞬間に聞き手のためのものになります。相手の立場に立って、今自分の話している言葉はシンプルで無駄がないかを常に意識することが大切です。⇒Blog Ranking

ズバッと!短文で!語る技術
田村 仁
すばる舎
定価 : ¥ 1,575
2005-07
amazonで詳しく見る
「改めて自分の人生を振り返る意義」
本書では「根拠なきプラス思考は単なるやせ我慢にすぎない」をモットーに、本当に強いメンタルを育てるためのノウハウを紹介します。

「生まれてから今日まで、あなたの人生にはいろいろなことがあったと思います。自分で自分の人生を評価すると、グッドであったのかバッドであったのか、時間の経過と共にプラスとマイナスの点を取ってそれを曲線で結んでみてください。こうして書き出してみると、いまの自分にとって過去のなにが"無意識の痛み"になっているのか、なにが"心のしこり"になっているのかが分かります。逆にいまの自分を支えているのが"あのときの恩師の一言"だったり、"あのときの失恋"だったりということにも気づくでしょう。」

改めて自分の人生を振り返ることなどということは、日常生活のなかではめったに行われないものです。自分の人生の曲線を見てみると、生き方のリズムや法則が見つかるものです。なにをグッドとし、なにをバッドとするのか。その価値観を自覚するだけでも意義があることでしょう。⇒Blog Ranking

心と脳を強くするメンタル・トレーニング―ビジネスマン・成功の条件
木村 孝 高橋 慶治 藤田 完二
PHP研究所
定価 : ¥ 1,365
1997-06
amazonで詳しく見る
「ユニクロの悪口言って百万円」
「ユニクロ」のファーストリテイリング会長兼社長 柳井正氏です。

とにかく品質にこだわるユニクロはある面白い方法で品質改善を試みます。

「九五年十月には全国紙や週刊誌に"ユニクロの悪口言って百万円"という広告を出した。-集まった"悪口"は一万通弱。ほとんどが品質へのクレームだった。"上下千九百円のトレーナー、一回洗ったら糸がほどけた。もう買いに行かへん。"など、読んでいると気分が落ち込んだが、その当時の私たちの商品の到達水準を知る上では非常に役立った。」

この話は有名ですが、相変わらず感心させられます。よくプレゼントキャンペーンなどの応募アンケートで商品の感想を訊いたりしますが、消費者は当選を狙って商品をうそでも褒めちぎります。しかし、あえて"悪口"を募集するところに柳井氏のセンスが伺えます。消費者は重箱の隅をつつくように、商品の欠点を洗い出してくれるでしょう。クレームほど商品を成長させる情報はありません。それを氏はたったの百万円で一万通も集めたのです。⇒Blog Ranking

一勝九敗
柳井 正
新潮社
定価 : ¥ 1,029
2003-11-15
amazonで詳しく見る
「20代、30代は手取りで仕事を選ぶな」
スペシャリストとゼネラリスト。どちらを目指すかはビジネスマンの永遠の命題です。

元マッキンゼー勤務、現在コンサルタント会社経営の著者は、次のようなスタンスを持ちます。

「専門分野を早くに絞ってしまって、40歳、45歳になって初めて他のキャリアを得ようとすることは危険です。また、いまの若い人たちには専門性を早く一つに決める傾向がありますが、これもきわめて危険です。20代から10年、15年、同じ専門分野の仕事しかやらなければ、もう2度とキャリアの幅は振れません。-どん詰まりのキャリアになってしまう。だから少なくとも30半ばくらいまでの間に1回、思い切りキャリアの幅を振っていただきたい。」

若いときにこそ、キャリアに振り幅を持って、複数のキャリアを持つ。そうなれば、何歳になっても陳腐化しないキャリアを持つことができると本書は言います。20代、30代は、手取りの報酬にこだわらず、将来の自分への投資だと思って仕事を選びましょうということですね。⇒Blog Ranking

いらないヤツは、一人もいない―45歳で「含み損社員」にならないための10カ条
高橋 俊介
祥伝社
定価 : ¥ 1,365
1997-12
amazonで詳しく見る
「青信号で横断しても、車にひかれる危険はある」
死なないための技術ではなく、生きるための技術。漫画「ゴルゴ13」の作者 さいとうたかを氏が語るサバイバル人生論です。

氏は、豊かで便利な世の中になるに比例し人間のサバイバル力は低下していると警告します。

「車が一台も来ていないのに、信号が赤だからとただジーッと突っ立っている子供を見て、不気味に感じたことがある。赤信号で止まって何が悪いのだとお思いかもしれない。-しかし、そもそもなぜ信号があるのかを、学校ではちゃんと教えているのだろうか。命を守るためだ。信号は命を守るためのマニュアルに過ぎない。なのにマニュアルばかりが先行するから、本来の目的がわからない。」

信号が赤だから止まる。青だから渡る。向こうからトラックが猛スピードで走ってきても、「信号が青なんだから、車が悪い」などと言っている場合ではありません。死ねばおしまいです。マニュアルがどれだけ揃っていても、知恵がなければ生き延びていけません。⇒Blog Ranking

さいとう・たかをのゴルゴ流サバイバル人生論
さいとう たかを
PHP研究所
定価 : ¥ 798
2004-09
amazonで詳しく見る
「脱サラして商売を始めるなら、四十歳がラストチャンス」
ライブドアショックで起業ブームも下火になりつつありますが、まだまだ一攫千金を狙う若者や、脱サラを夢見るお父さんも多いようです。

“お金の神様”邱永漢氏の提言です。

「私の考えでは、サラリーマンが自分の職業をどの方向に持っていくべきかを選ぶ第二のチャンスは、二十七歳から三十五歳のあいだにあるとみています。そこで方向転換するのは、かなり勇気がいることですが、このチャンスを逃すと、それ以降は、もう引き返せません。-その意味でいえば、四十歳はラストチャンスです。限度といってもいいでしょう。四十歳以上の人が私のところに相談に来たときは、たいていやめるようにすすめています。」

その年になるまで会社勤めをしていたということは、商売をやる才能が無い証拠だということです。逆を言えば、そこまで我慢できたということは、会社勤めの才能があるのかも知れませんね。⇒Blog Ranking

商売の原則
邱 永漢
ごま書房
定価 : ¥ 1,427
1995-12
amazonで詳しく見る
「人は孤独に耐えなければいけない。それが自分を高め、強い人間にする」
良本中の良本に出合いました。

人生論を説く本は数多く出ていますが、本書のコンセプトは「奇をてらうことなく誠実に、普通の言葉で、普通の話から、人生の指針を提供する」ことにあります。確かに書かれている内容は、最近はやりの逆説的ユニーク発想などは微塵もなく、無駄な装飾は一切削ぎ落とした、いわば無味無臭のミネラルウォーターのような文章です。しかし、それだけに心の深くまで浸透し、読めば読むほど深く考えさせられます。将来にわたり、何度も何度も何度も読み返したい一冊です。

少し長いですが、その中から。

「自分の個性と才能を伸ばし、それを活かす道を歩もうとすれば、必然的に孤独に陥る。これに耐えねばならない。そうでなければ人間的成長ははかれない。ところが、孤独であることに不安を抱き、孤独からのがれようとして他人と慣れ親しむ人がいる。妥協し、迎合する弱い人間になるのか、孤独を受けとめ、自己の生き方を貫く強い人間となるかは、その人しだいである。
 自分を高めるには、意図的に孤独になる時間を持ちたい。孤独は孤立することではない。人の群れから離れ、一人になってみることだ。沈思黙考して自分という人間と対面すると、自分のさまざまな姿が浮かび、弱点や欠点も見えてくる。それを認識し、矯正に努めたい。それゆえ、自分を見つめることが少なければ、謙虚さが失われる。姿勢を正し、自分らしい生き方を見つめたい。」


孤独に押しつぶされそうになりながら、自身ひとりで闘っている方。安心してください。おそらく人生で一番成長している瞬間です。

実は私は二十代前半に「引きこもり」をしていた頃があります。(当時は引きこもりという言葉は無かったはずですが。)部屋から出られず、ベッドの上で悶々とした日々を送っていました。人はその時間を無駄で無意味だと言うかも知れません。しかし今思えばあのときほど自分と向き合い、対話した時間はありません。今、生きているということに感謝し、自分の存在を認めてくれる他人がいるということに喜びを感じるのも、この貴重な経験があってこそだと思っています。⇒Blog Ranking

いい人生の生き方
江口 克彦
PHP研究所
定価 : ¥ 714
2006-07-15
amazonで詳しく見る


「強い遺伝子を持った男だけが、最も大きな幸福を手に入れることができる」
医学博士であり、理学博士であり、農学博士である著者が、遺伝子という切り口で「本当にモテる男」になるための秘訣を伝授します。

「強い遺伝子を持った男だけが、最も大きな幸福を手に入れることができる。これは差別でも、不公正でも何でもなく、動物たちが何万年もかけた生存競争に打ち勝っていくためにつくった、生き残るための戦略だったのです。-500万年前にチンパンジーと同じ祖先から分岐して生まれてきた私たちは、農耕社会が始まる数千年から一万年前という"つい最近"まで、狩猟採集の生活をしてきました。腕力のある男性が狩りをして、女性が採集をするという役割分担も、ごく自然にうまれてきました。-とくかく子孫を残していくためには、明日に生をつなぐ食料がなくてはいけません。-"強い男"だけが、最高の幸せを手にできるチャンスを得たのです。」

時代は変わり、男の闘い方も変わりました。腕力だけがすべてではなく、財力や知力なども要求されます。しかし、その根底にあるのは"女性と子孫を守る力"です。この事実だけは今も変わりません。モテるためにお洒落して、化粧までしてる男がたまにいますが、はたしてそのお洒落でどう女性を守ろうというのでしょうか。⇒Blog Ranking

モテる男になる魔法のチカラ―女心と成功をつかむ遺伝子の法則
佐藤 富雄
かんき出版
定価 : ¥ 1,470
2005-06
amazonで詳しく見る
「あわてん坊は伸びる人」
ダイエー創始者 中内功氏に買われ、福岡ダイエーホークス社長に就任し、斬新な手腕で球団経営に新しい風を吹かせた高塚猛氏。

なかなか良いことが書いてあったなー、と読み終わって著者のことを調べてみたら、女性社員への執拗なセクハラで逮捕され、人生のすべてを失ったんですね。(^^; (このニュースは知ってましたが、この人だったんだ・・・。)

そう聞くと、どうしようもなくクダラナイ著書に思えてきましたが、せっかくなんで一言紹介します。

「あわてん坊は伸びる人だと私は思っています。逆に慎重な人はなかなか伸びません。分かりやすく言えば、新人のときにどれだけ失敗しているかが問題なのです。新人なのに自分から進んで実力以上の仕事をすれば、当然失敗の数は増えてしまいます。失敗した場合のリスクを知り、しかもそれを恐れずに実行できるようになるには年月がかかります。新人のうちは、恐れを知らないからできるのです。-新入社員が、ベテラン社員よりも優れている点が三つあります。それは"意欲"と"行動力"と"疑問を持っている"ということです。-難しいことを考えすぎると、先に進めなくなります。あわてん坊と叱られるくらい次々とチャレンジしたほうが、社会人として早く生長できるような気がします。」

野球に例えると、三割バッターは七割失敗しています。失敗するのは当たり前です。しかし、失敗はバッターボックスに立たない限り起こりません。失敗を失敗と思わず、経験だと思うよう勤めることが大事だと氏は言います。

しかしセクハラで逮捕されるような人からは言われたくありません。(>_<)

⇒Blog Ranking

ならば私が黒字にしよう
高塚 猛
ダイヤモンド社
定価 : ¥ 1,575
2003-08
amazonで詳しく見る
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。