FC2ブログ

心を打った この本の この一行

選りすぐりの書籍から、心に響いた一文を紹介します。
「結論→理由→結論」
言いたいことが言えない。頭の中がぐちゃぐちゃになる。反論したくても、どう言えばいいかわからない。

もしもあなたがそんな状態ならば、それは頭で話しているのではなく、口で話しているのかもしれません。口で話すか、頭で話すか。それによりあなたの話は一変します。本書で頭で話すための技術とノウハウを学びましょう。

なぜか自分のいいたいことが人に伝わらない、そんな経験がある人は、話す順番に注意してみるといいかもしれません。

「最初に何を言い、次に何を説明し、そして、最後に何で締めくくるか。つまり、アウトラインを決めてから、積み木を一つずつ聴き手に渡していく。話のアウトラインとは何か。それは、

結論

理由

結論

まず、結論から述べる。-そうすれば、聴き手は、あたなが、積み木で何を作るか、そのイメージができる。」


ゴールが見える話は、聴き手を安心させます。あえてゴールを隠して聴き手の関心を引く手法もありますが、正確に情報を伝える手段としては結論を先に述べるのがベストでしょう。何より、自分の話す道筋がはっきりと見え迷子になりにくく、自分にとってのメリットもあります。結論→理由→結論。この3ステップをぜひ身につけたいものですね。⇒Blog Ranking

アタマで話す技術
八幡 紕芦史
PHPエディターズグループ
定価 : ¥ 1,365
2003-10
amazonで詳しく見る
☆☆
スポンサーサイト



Designed by aykm.