心を打った この本の この一行

選りすぐりの書籍から、心に響いた一文を紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「なぜ一人で食事をしているとおいしくないのか」
本書は自立と共生をキーワードに人生後半の行き方を説きます。著者は元東京地検特捜部検事で、ロッキード事件では田中角栄元首相に論告求刑を行ったというすごい経歴の持ち主です。文章を見る限りとても穏やかそうで、ボランティア活動をこよなく愛します。

そんな氏の面白い言葉を。

「この間、偶然に、一つの"なぜ"が消えた。"なぜ一人で食事をしているとおいしくないのか"という問いである。NHKテレビを見ていたら、一人で食事をしているときと、家族や仲間といっしょのときとの唾液の出方の違いを調べた番組があって、みんなと楽しく食事をしているときのほうが、断然唾液が多く分泌されるのである。」

へぇ。これは知りませんでした。「楽しい」という感覚は心だけではなく身体もそれに応じた反応をみせるのですね。楽しく生きることが、健康と長生きの秘訣だそうですよ。(^-^)

中年よ、大志を抱け!
堀田 力
PHP研究所
定価 : ¥ 500
2005-08-02
amazonで詳しく見る
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。