心を打った この本の この一行

選りすぐりの書籍から、心に響いた一文を紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「仕事は個人で行うのではなく組織で行うもの」
信長・秀吉・家康という日本を代表する三人の天下人から、勝てる組織を作るヒントを得ようという本書。三者三様のリーダーによる組織作りの特徴を的確に捉えており、ビジネスマン必見の内容となっています。

秀吉から。

「豊臣秀吉は、戦国時代の混乱期の中で、"仕事は個人で行うのではなく、組織で行うもの"ということを主張し、それを実現したトップリーダーである。部下にとって必要なのは①なぜこういう仕事をするのか?②自分のやることがどれだけ組織に役立つのか?③それに対してどういうほうびが与えられるのか?という三条件だ。」

秀吉は、部下にすべてを指示・命令として出さずに、一部分を働く者に考えさせるという方法をとりました。部下に「なぜ?」を考えさせるのです。その重要性は今も変わりません。命令されるがままにしか動かない組織は必ず滅びます。強い組織は、メンバーが自分の行動の意味を理解しているものなのです。⇒Blog Ranking

信長・秀吉・家康の研究
童門 冬二
PHP研究所
定価 : ¥ 520
2006-11-02
amazonで詳しく見る
☆☆
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。