心を打った この本の この一行

選りすぐりの書籍から、心に響いた一文を紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「我々は案外と消費者について多くを知らないでいる」
ヒットを飛ばした商品、そこには何か共通点があるのでしょうか。本書では2004年から2006年までに日本全国でヒットした商品22品を取り上げ、その商品開発の舞台裏から関係者のインタビューを収録し、ヒットの法則を探ります。

ヒット商品を生み出した企業の「姿勢」という観点から見た共通点はどのような点でしょうか。

「ここで一つあげるならば、"対話"である。これは、我々があたかも自明のことと思っている言葉や事象の本質的な意味をつかむための作業といえる。"我々は案外と消費者について多くを知らないでいる"ということを自覚した企業ほど、ヒット商品をリリースしているようにみえる。」

コンビニの棚に何気なく並んでいる商品の数々。商品ひとつひとつに開発者の思いがこめられ、切磋琢磨した技術が凝縮されています。しかし、勝ち残るのはほんの一握り。謙虚に消費者との対話を続け、消費者の心に開発者の声が届いた商品だけなのです。

ヒットの法則
奥井 真紀子 木全 晃
日本経済新聞社
定価 : ¥ 730
2006-11
amazonで詳しく見る
☆☆
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。