心を打った この本の この一行

選りすぐりの書籍から、心に響いた一文を紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「雑談の経済学というのがある」
「頭の体操」でおなじみ多湖輝氏が提唱する「雑談力」。雑談などただの時間つぶしという程度で考えている人も多いでしょう。雑談とはどうあるべきなのでしょうか。

「"雑談の経済学"というのがある。つまり聞き手と話し手ではどっちが得かという計算をすると、通常、聞き手が圧倒的にプラスになる。もちろん話し手も、自分の考えを整理できるなどのプラスがあるが、聞き手は自分の知らない話、高度な専門知識などをダイジェストで、しかもタダで聞くことになるから、プラス効果は計り知れない。」

雑談だからとただダラダラと愚にもつかない話をしているだけでは時間の無駄です。せっかくお互いの言葉を交換するのですから、雑談といえどもそこには新しい発見や学ぶべき点があるべきではないでしょうか。人生を変えるチャンスが生まれるかも知れません。そのためには聞き手の話しを聞きだす能力が不可欠です。質の高い雑談に導く「雑談力」とは話す能力ではなく、聞く能力のことなのです。
⇒Blog Ranking

「雑談」のうまい人はチャンスをつかむ
多湖 輝
新講社
定価 : ¥ 1,365
2006-07
amazonで詳しく見る
☆☆
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。