FC2ブログ

心を打った この本の この一行

選りすぐりの書籍から、心に響いた一文を紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「トラブルが起きることによって相手が見えてくる」
子どものころに一度は目にしたことがある、イソップ物語。この寓話、紀元前6世紀ごろに創られたという説があるくらいものすごく古い物語なんですね。その頃から人間の本質をここまで見極めた著者がいるとは、なんとも驚きです。

本書はそのイソップ物語を今一度見直し、現代社会を生きるヒントとすることを主旨とします。その中から名作『クマと旅人』を。

「同じ道を歩いていたふたりの前にクマが現れました。ひとりは木に登り、逃げ遅れたもうひとりは死んだふりをしました。クマがにおいをかいだだけで行ってしまった後、木から降りてきたひとりが、クマが何を言ってたか聞きました。もうひとりは"危ないときに見捨てるような人間とは旅をするなよってクマがいってたよ"と答えました。」

トラブルが起きることによって相手が見えてくる、という教訓です。これは相手に注意しろということだけでなく、自分自身もトラブルのときこそ平静でいられるよう常日頃から強い精神力を保て、ということを教えてくれます。⇒Blog Ranking

イソップ物語のおしえ―賢くスッキリ生きる知恵
加藤 諦三
大和書房
定価 : ¥ 1,365
2003-10
amazonで詳しく見る
☆☆
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。