心を打った この本の この一行

選りすぐりの書籍から、心に響いた一文を紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「ガラス張り経営が原則」
すごく売れてますね、この本。鹿児島が生んだ大経営者稲盛和夫氏渾身の力作です。

氏の経営手法である「アメーバ経営」とは、会社組織をアメーバと呼ばれる小集団に分け、それぞれのリーダーがあたかも経営者として組織を率い、全社員参加経営を目指す経営システムをいいます。

各アメーバがうまく機能するのには「ガラス張り経営」が原則であるといいます。

「会計は、会社の真実の姿をありのままに社内外に表すべきである。そのため、公明正大に経理処理された経営数字は、幹部から一般社員までよくわかるようにガラス張りにしておくことが大切である。」

全員参加経営を目指すアメーバ経営では、経営陣だけが会社の現状を把握するのではなく、各アメーバの末端までその情報がいき渡っている必要があります。特に"お金・数字"に関するデータは正確で透明であるべきです。そうすることでグループ全体の状況とその進むべき方向、課題が明らかになり、全社員の力が集結すると氏はいいます。⇒Blog Ranking

アメーバ経営―ひとりひとりの社員が主役
稲盛 和夫
日本経済新聞社日本経済新聞社日本経済新聞社
定価 : ¥ 1,575
2006-09
amazonで詳しく見る
☆☆☆☆
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。