FC2ブログ

心を打った この本の この一行

選りすぐりの書籍から、心に響いた一文を紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「武士の誇りは戦わないこと」
映画『ラストサムライ』や『武士の一分』などのヒットにより、若者のあいだで武士道が再認識されるようになりました。

武士といえば刀、斬り合い、戦闘大好きというイメージがありますが、実際はその逆だそうです。

「当時侍は刀を持っていましたが、その刀を抜く者は軽視されました。-それなら武士はなぜ、そんな危険な刀を持っていたのかというと、それは抑止力であり、誇りだったのです。簡単に人を殺せる道具を持っているけれど、使わない精神の力。それこそが武士の誇りでした。」

勝海舟は刀の鍔と鞘をこよりで硬く結んで抜けなくしていたそうです。「オレは人格で勝負する」と暴力ではなく威圧、威光で人を打ち負かす人でした。彼を殺しにきた坂本龍馬が一瞬にして威圧され弟子になったのもそのためです。⇒Blog Ranking

日本人らしく“凛”と生きる「武士道」の智恵
梅谷 忠洋
ゴマブックス
定価 : ¥ 1,365
2002-12
amazonで詳しく見る
☆☆
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。