FC2ブログ

心を打った この本の この一行

選りすぐりの書籍から、心に響いた一文を紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「本を読めば読むほど、時間が生まれます」
学生時代、1冊の参考書で深くじっくりと勉強するか、多数の参考書で薄く広く勉強するかで悩んだ経験があります。大学受験では前者を選択しました。1冊の参考書を丸暗記するほど読み込みました。

社会人になった今、わたしは多読を選びました。それは、さまざまな角度から世の中を見たほうが、その形を掴みやすいと考えたからです。

「時間がないから本は読めない」と言う人がいます。しかしそれは間違いです。

「本当は本を読めば読むほど、時間が生まれます。本を読まないから、時間がないのです。なぜなら本を読まない人は、他人の経験や知恵から学ばないからです。何もかも独力でゼロからはじめるので、時間がかかって仕方がないのです。本を読めば、そこに近道を行く方法が書いてあるというのに、本を開く時間を惜しんで、わざわざ遠回りをしている状態です。」

本には著者が持つ何十年分の経験やノウハウがギュッと詰まった、最高のコストパフォーマンスを誇るアイテムです。本を読む時間がもったいないのではなく、読まことにより費やす時間のほうがもったいないのです。本書は言います。

「もしも成功者たちが本を書いていないとしたら、どうでしょう。成功のノウハウを教えてもらいたかったら、その人にアポイントをとり、時間を割いてもらい、話を聞くしかありません。」

すごいお金と労力がかかりそうです。そう考えると本ってとんでもなく安価で手軽なものですよね。⇒Blog Ranking

レバレッジ・リーディング
本田 直之
東洋経済新報社
定価 : ¥ 1,523
2006-12-01
amazonで詳しく見る
☆☆☆☆

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
こんにちは。この本読みました。
確かに、本ほど安価な投資はないかもしれませんね。
TBさせていただきます。
2007/05/25(金) 14:22:04 | URL | ikadoku #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。