FC2ブログ

心を打った この本の この一行

選りすぐりの書籍から、心に響いた一文を紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「朝令暮改、おおいにけっこうではないか」
こうしてブログを長く続けていると、「今書いてることは、この前に書いたことと明らかに矛盾するよな。大丈夫か、オレ・・・。」と心配になったりすることもしばしばです。

そんな悩めるわたしを慰めてくれる一文が本書に。

「"朝令暮改"、おおいにけっこうではないか。そもそも、人間は時々刻々変化するものだ。脳細胞も刻々とっ変化し、よくいえば"成長"しているともいえる。昨日の自分と今日の自分は別人、とまでは言わないが、少しは違って当たり前なのだ。」

"朝令暮改(ちょうれいぼかい)"とは朝出された命令が夕方には改められることを意味します。つまり、「さっきと言っていることが違うよ!」という状態です。もちろんビジネスでの契約の場などではあるまじき行為ですが、過去の自分と一貫性がなくなるのを恐れるあまり、自分の信念を捻じ曲げている人は、「昨日の自分と今の自分は違うのだ」と切り捨てるぐらいの勇気が必要だと本書はいいます。ああ、よかった。(^-^)ホッ⇒Blog Ranking

上流に昇れる人、下流に落ちる人―The Thinking and Behavior to Succeed
和田 秀樹
幻冬舎幻冬舎幻冬舎
定価 : ¥ 1,365
2006-08
amazonで詳しく見る
☆☆☆


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。