FC2ブログ

心を打った この本の この一行

選りすぐりの書籍から、心に響いた一文を紹介します。
「仕事、盗んでいいですか?」
世の中には優れた仕事術を紹介する書籍は五万とありますが、それをそのまま実践するには、ハードルが高かったり、きっかけがつかめなかったりと、なかなか行動に移せません。本書は「セリフを口にする」ことを勧め、自分で口にすることで責任感を生み、デキる雰囲気に持っていくことをコンセプトとします。

その中で、「仕事、盗んでいいですか?」というセリフをご紹介。

「教えられたことだけ、いわれたことだけをやるというのと見て盗むという構えとは、もう全然違う。これをもってないと、たとえ能力のある人でも全く盗めない。つまり、盗む力は能力じゃなくて、構えの問題なのである。」

「見習う」という言葉があります。読んで字のごとく、先人の仕事を見て覚えることです。しかし学生時代、席に座って受動態で教えてもらって教育を受けていた日本人は、この「見習う」という作業を苦手とする人が多いようです。仕事は、自分から相手に視点をシフトする必要があります。仕事術は自分で開発するよりも、盗み、真似るほうが合理的で低コストです。特に新人ビジネスマンは、仕事のできる人の一挙手一投足を観察し、徹底的に真似ることからはじめましょう。⇒Blog Ranking

まずこのセリフを口に出せ!!ビジネスハンドブック
齋藤 孝
講談社
定価 : ¥ 1,365
2004-01-24
amazonで詳しく見る
☆☆☆☆

スポンサーサイト



Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.