FC2ブログ

心を打った この本の この一行

選りすぐりの書籍から、心に響いた一文を紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「部下の能力を見抜けぬ上司は横に寄れ」
この春から社内で昇格し、初めて部下を持った人も多いことでしょう。

そんなビギナー管理職のための、心得。わかりやすく39個に箇条書きされているので、読みやすく今後何度も読み返したいないようです。

そこからひとつ。

『上司は部下を選べるが、部下は上司を選べない。上司は己が人を評価できる限界を自覚し、自分の範囲を超える部下を正当に評価する努力を怠らないように。上司が偏見を持っていたり、部下の能力を見抜く力がなければ、会社にとって大きなマイナスである。そんな上司はラインから横に寄るべき。』

職場で新人が最も関心のあることは、上司からの評価です。部下の能力を見抜くのは上司の仕事であり責任です。上司は部下の人生を背負っていることを自覚し、適材適所に配置するように努める必要があります。⇒Blog Ranking

独断・管理職のこころえ帳
早川 拡宇海
文芸社
定価 : ¥ 1,365
2005-03
amazonで詳しく見る
☆☆☆
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。