FC2ブログ

心を打った この本の この一行

選りすぐりの書籍から、心に響いた一文を紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「Show and Tellという授業」
Youtube、皆さん見ます?いまだにすごい勢いですね。家の回線が細いわたしはほとんど見ない、というか見れませんが・・・。(T_T)

Youtubeの登場でテレビCMのビジネスモデルが崩壊するという意見もあります。いち早く目をつけたGoogleが、1980億円という巨額で買い上げたニュースは記憶に新しいですね。

本書はそんなYoutubeをビジネスという切り口で分析します。著者は日本でYoutubeが誕生しなかった理由をこう述べます。

『欧米では小学校から「プレゼンテーション力」向上を目的とした授業で、「Show and Tell」という授業が行われ、Tell(伝える)だけでなく、見せる(Show)力も評価の対象となっている。子供のころから、ビデオや音楽や写真、コンピュータを使って、自分の感動を伝える教育を施されている。他方、日本の子供たちが自分のメッセージを他人の前で公開する機会といえば、夏休みの作文を発表するくらいしかない、我々日本人とでは、プレゼンテーション力に開きがあって当然だろう。』

ふむ、確かにそういう見解もあるでしょう。アメリカ人の作成するYoutubeコンテンツは相当すごいと聞きます。映画さながらの映像を手作りする素人もいるそうで。見習いたいですね。⇒Blog Ranking

YouTube革命 テレビ業界を震撼させる「動画共有」ビジネスのゆくえ
神田 敏晶
ソフトバンククリエイティブ
定価 : ¥ 735
2006-12-16
amazonで詳しく見る
☆☆
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。