心を打った この本の この一行

選りすぐりの書籍から、心に響いた一文を紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「パフューム」
まさかの映画ネタ2連投。もう何でもありにしますこのブログ。

さて、本作は前々から気になってたのですが、なぜか躊躇していました。公開当初、変なところで話題になったからでしょうか。(なんかCMでのクライマックスシーンが不謹慎だとクレームがあったとか。)

で、感想ですが、「あのオチはないだろう・・・」。オチに行くまでは、カメラ割りから演出、その映像の隅から隅までもう完璧だったんです。物語は天才的な臭覚を持つ青年の人生を描くのですが、現実的と非現実的の微妙なラインをいったりきたりで、なんともいえない心地よさがありました。「ああ、こういう才能もあったりするのかな」と。匂いという伝達不可能な感覚をうまく映像と音声で表現できていました。しかしラストで一気に非現実的に針が振れて、それはまるで日本昔話を見てるかのような無理やり感でした。

原作はベストセラーの小説ということですが、映像化するに当たり、もう少し視聴者の想像に働きかけるオチにしてもらえばよかったのになー。もったいない。

パフューム スタンダード・エディション

ギャガ・コミュニケーションズ
定価 : ¥ 3,990
2007-09-07
amazonで詳しく見る
☆☆


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
踊る腰
腰って勝手に動くもんなんだなw
動かないでねって言われたけどそんなん無理だわwwww
怒りながら喘いでて激しくするから中出ししちまったよw

http://csnpg.net/iz_dl/
オレも気持ちよかったのに、5万ももらっちゃっていいのかね(;=∀=)8272
2009/02/04(水) 22:32:24 | URL | たけしんぐ #BWgGc7Fk[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/02/04(木) 19:31:25 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/22(火) 20:33:10 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。