FC2ブログ

心を打った この本の この一行

選りすぐりの書籍から、心に響いた一文を紹介します。
「あたしの最上の友は本」
本書では齋藤孝氏が「天才」と認める、ピカソ、宮沢賢治、シャネル、イチローの四人を取り上げ、その天才術を紹介します。

タイトルは、シャネルの言葉です。あまり知られていませんが、シャネルは幼少の頃捨て子同然で孤児院に引き取られ、多くの時間を孤独の中過ごします。そして、孤独な中出会った様々な本が彼女の作品に大きな影響を与えたと言います。

「本はずいぶん買った。あたしの最上の友は本である。ラジオが嘘つき箱だとすれば本は宝物だ。-インテリや、教養のある人たちにも出会ったが、あたしが案外物知りなのに驚いていた。-もし、あたしに娘がいたらば、こういう本をあげて、人生のなんたるかを教えたいものだった。そこには大いなる掟もあれば、人間の不可思議さも発見できる。」

シャネルは本の世界で知性を磨きつつ、自分自身に向き合う静かな時間を非常に大切にしたといいます。そういう時間が彼女の類稀なる感性に磨きをかけたのかも知れません。⇒Blog Ranking

天才の読み方 究極の元気術
齋藤 孝
大和書房
定価 : ¥ 680
2006-02-09
amazonで詳しく見る
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.