FC2ブログ

心を打った この本の この一行

選りすぐりの書籍から、心に響いた一文を紹介します。
「英語力は単語力」
英語を勉強する際最も重要なのは何でしょうか。

リスニング、発音、文法、いろいろあります。
巷では「聴くだけで英語が喋れるようになるCD」「英語をシャワーのように浴びて英語をマスター」とリスニングを売りにする教材がほとんどです。

しかし私は、「英語力は単語が全て」だと思います。
今まで誰も賛同してくれませんでしたが、齋藤孝氏が同じことを言っており、嬉しくなったので紹介します。

「英語において単語の占める比重は非常に高く、英語でものを考えるときの土台になるはずです。単語が全部わかるのに文章の内容が理解できないのであれば、相当に基礎的な文法から学ぶ必要がありますが、文章の意味の手がかりになるのはまず単語でしょう。-単語を大量に覚えることに恐れを抱く人もいるようですが、私の感覚では、大量であるほうがコツをつかんで一気に覚えやすい。英単語を見て日本語の意味を言える程度なら小学生でも軽く覚えてしまいます。」

英単語を千個も二千個も丸暗記するのは確かに億劫ですよね。「聴くだけでマスター」なんて言われると思わず飛びついてしまいます。しかし、語彙力のない状態でCDを聴いても、英会話教室に通っても、喋れるようになるはずがありません。業者が英単語を丸暗記しろ、と絶対に言わないのは教材が売れなくなるからです。

私はこの歳になっても大学受験用の英単語帳(ターゲット1900)を見返しています。日常会話くらいでは中学校レベルで十分です。あとは言語を問わず「コミュニケーション力」があれば誰だって英語で自分の意思を伝えることができるようになるはずです。⇒Blog Ranking

日本語力と英語力
齋藤 孝
中央公論新社
定価 : ¥ 756
2004-04-10
amazonで詳しく見る


英単語ターゲット1900―大学入試出る順
宮川 幸久
旺文社
定価 : ¥ 998
2001-09
amazonで詳しく見る
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.