FC2ブログ

心を打った この本の この一行

選りすぐりの書籍から、心に響いた一文を紹介します。
「日経平均株価とTOPIXの違い」
細野真宏氏の経済入門シリーズはほとんど読みましたが、非常に分かりやすく経済を説明されており、染み込むように頭に入ってきます。

本書は投資の基本と実践を、まったくの初心者の人にも無理なく読めるペースで書かれています。その中から、意外と知らない人が多い「日経平均株価とTOPIXの違い」をご紹介。

「まず、日経平均株価というのは日本経済新聞社が発表する255銘柄に関する株価(の平均)のことなのです。いわゆるニュースで出てくる"株価"について、"日本のすべての会社の株価"を表している、と勘違いしている人も多いみたいですが、この日経平均株価については、あくまで255社の株価しか反映していないのです。ちなみにその255銘柄については、すべて東証一部に上場されている会社の中から選ばれます。」

「次にTOPIX(東京株価指数)というのは東証一部に上場しているすべての銘柄に関する株価(を指数化したもの)のことで、日経平均株価よりもTOPIXのほうがより広く日本経済の動きを表しているのです。普段ニュースなどに出てくる"株価"というのは、日経平均株価やTOPIXのことを表していますが、たいていは馴染みやすさから"株価=日経平均株価"として伝えることが多いのです。」

日経平均は○○円でTOPIXは○○ポイントで表されるのですね。なので、ニュースなどで「株価が1万7千円を割った」というと日経平均株価のことを指します。

また基本的に株価と景気は連動して動くものですが、必ずしも正確ではありません。株価はあくまで市場(≒投資家)の予想にすぎなくて、景気の実態を表さないことも多いのです。人の心理が株価に反映されるため、株価を予想するのは難しいものとなるのです。⇒Blog Ranking

細野真宏の世界一わかりやすい株の本 実践編
細野 真宏
文藝春秋
定価 : ¥ 1,000
2005-12-14
amazonで詳しく見る
スポンサーサイト



Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
日経平均株価日経平均株価(にっけいへいきんかぶか、日経225)とは、東京証券取引所第一部上場銘柄株式を対象とした株価指数で、東証株価指数|東証株価指数 (TOPIX) と並んで日本を代表する株価指数。日本経済新聞社が毎分、算出・公表しており、著作権
2007/08/17(金) 07:38:03 | なぎさの部屋
Designed by aykm.