FC2ブログ

心を打った この本の この一行

選りすぐりの書籍から、心に響いた一文を紹介します。
「何を学ぶべきからの"気づき"がスタート地点」
ボストンコンサルティンググループ日本代表 御立尚資氏です。

「結果」とは「知識」×「使う力」で計算されるもので、知識が0でも使う力が0でも結果は0になる、というのが本書の趣旨です。

その中で、勉強に対する有効なアプローチを紹介します。

「そもそも、物事を勉強するということには、三つの段階がある。

  気づき→知識→経験

という三段階である。まず、"気づく"ということだが、そもそも自分はどの能力を高める必要があるのかを"気づく"ということである。目指す到達点を明確にしないと力は伸びない、という本書の一貫したテーマは、ここでももちろん有効である。先ほどお話したスパイダーチャートなどを用いて、自分に何が欠けているかを検証してみるといい。それぞれについて、まずは点数をつけてみる。つけ方は勝手でいい。-自分はどこにギャップが大きいかということを、まず気づいてみることからはじめる。」


自分に足りないものは何なのかに気づく、自分の好きなものは何なのかに気づく、自分の才能に気づく。気づいたことをもっと勉強する。そして学んだことを使って結果を残す。まずは気づかなければ始まりません。⇒Blog Ranking

使う力
御立 尚資
PHP研究所
定価 : ¥ 840
2006-04
amazonで詳しく見る
スポンサーサイト



Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.