FC2ブログ

心を打った この本の この一行

選りすぐりの書籍から、心に響いた一文を紹介します。
「効率的な勉強はアウトプットを前提とする」
週に30冊の本を読み、40時間テレビを見るという日垣隆氏が、Q&A形式で情報通になる技法を紹介します。

その中から「仕事に就きつつ大学受験を志しているが、効率的な勉強方は?」という問いに対する返答です。

「働きながら、つまり非常に限られた時間のなかので試験勉強については、以下のことを念頭に置いてみて下さい。脳は出力依存型なので、教科書や参考書を中心に勉強するより、ある程度の知識を入れたあとは、問題集を参考書代わりに使ったほうがよいでしょう。問題集や試験を前提にしない教科書読みや暗記は、試合を想定しないでサッカーボールを蹴ってだけいるようなものです。大脳神経のメカニズムからも、それは実証されています。」

もちろんこれは試験に合格することを目標とした最短コースの紹介であり、目的が違えばまた勉強方も違ってくるでしょう。アウトプットを前提としたインプットが最も効率がよく頭に残るといいますが、アウトプットとして最適なのは問題集のほかに「人に教えること」だそうです。人に教えることでおのずと頭の中が整理され、曖昧だった事項がクリアになっていくのを実感できます。⇒Blog Ranking

情報の「目利き」になる!―メディア・リテラシーを高めるQ&A
日垣 隆
筑摩書房
定価 : ¥ 735
2002-09
amazonで詳しく見る
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.